25 / 909

雨に濡れて 10

そこがまさに侵入するかどうかの瀬戸際だった。 先ほどから遠くに轟いていた雷が近くに落ちたようで、けたたましい音と同時に薄暗いロッカールームの灯りがいきなり消えた。 「なんだ!?停電か?せっかくのいいところなのに、くそっ!顔が見えないと面白くねぇ!」 「おい、懐中電灯ないか?スマホのライトでもいいから照らせよ!」 事は寸前のところで中断した。 まだ恐怖で朦朧としている俺に、遠くから確かな声が聞こえてくる。 「まだ駄目だ!守れ、己の身を!」 これは…俺の声? なぜそんなに彼方から…? 「洋!洋!どこだ?」 その次の瞬間、遠くから安志が俺を必死に探す声が聞こえてくる。 そして停電に慌てた教師の声と足音も近づいてくる。 「ちっ!行くぜ!逃げろ!」 俺を襲っていた上級生たちは逃げるように去って行った。 ロッカールームに取り残された俺ははっと我に返り、慌てて服を整えはじめるが、制服のスラックスをはいている最中で、ドアが勢いよく開いた。 「洋っ大丈夫か?」 駆け込んできたのはスマホを握りしめた安志。 「あっ」 安志は俺の躰をスマホのライトで照らしたまま固まっている。 その目線を辿り自分の上半身を見ると、俺は肌蹴た白シャツをかろうじで纏い、上半身にはキスマークがいくつも付けられていた。 こんな姿…誰にも見られたくない! 「み…見るな!」 安志に背を向け、震える手で慌ててシャツのボタンを留めようとするが上手くいかない。 「洋、行くぞっ」 そんな俺を見かねた安志はプールのバスタオルを肩にかぶせ、集まる人の横をさっとすり抜け屋上階段へと連れて行った。 安志は気まずそうに俯いたままで、無言だ。 「…安志」 溜まらずそっと声をかけると いきなり安志の胸にグイッと引き寄せられた。 「なっ何…」 「洋、大丈夫だったのか?…あいつらに…やられそうになったんだな…」 その言葉を聞いた途端、目から涙が滲み出る。   「うっ…安志…俺…怖かった…男なのに…いざとなったら何も抵抗できなかったんだ…俺こんな顔も身体ももう嫌だ!いつもいやらしい目で見られ、こんな辛い目に遭うんだ。お前はずっと俺を見ていたから知っているだろ?」 「洋…ごめん。守れなくて」 安志が俺を抱きしめる力が強くなっていく。 「安志…?離せよ…く…苦しい」 少し様子が変だと思った。 「洋!すまない…俺も俺も…あいつらと同じだ。お前が好きだ!洋のこと抱きたいってずっと思っていた!」   「え!?」 幼馴染として信頼していた安志まで、俺のことをそんな眼で見ていたのかと思うと絶望感が込み上げてくる。 「でも…お前は大事な幼馴染だ。俺は…頭の中でお前を抱いたことはあるが、リアルにはお前を守る親友でいたいんだ。今こんなこと言ってお前を困らせること分かってる!すまない、許してくれ!俺を軽蔑してくれ!」 安志はそう叫んだ後、茫然としている俺のシャツのボタンを留め、乱れた髪を優しい手で直し…そして優しく額にそっと口づけをして階段を降りて行った。 「安志…なんでそんなこと言うんだよ…」 その寂しげな後姿を茫然と眺めることしか、あの時の俺には出来なかった。 いつも助けてくれた優しい幼馴染だったから。 ちょうど時を前後して父親のアメリカへの赴任が決まり、俺はその日以来学校へ行くことなく、そのまま逃げるように渡米した。 安志とは、あの日以来会っていない。 **** 寒い… 寒い… 身体がどんどん冷えていく。 高校時代の悪夢がフラッシュバックして俺を苛む。 濡れた身体にまとわりつく服が重石のように、俺を過去の忌まわしい記憶の渦へと引きずり込んでいく。 丈…お前に抱きしめてもらったら温かくなるのだろうか…お前の手は温かかった。 零れ落ちる涙が頬を伝っていく… その時ドアが開いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!