3 / 166

02

そう母に怒涛のマシンガントークで言いくるめられたのが約2年前。 それから死に物狂いで勉強…したわけではなく、別にそこまで偏差値の高い高校じゃなかったし俺自身めちゃくちゃ馬鹿なわけでも無かったので、普通に受験勉強と面接練習をして晴れて合格。入学したのが1年前だ。 実際問題特に行きたい高校とか無かったし、男ばかりの男子校ってどんなんなんだろ…という興味はあった。 しかも全寮制という親元を離れて暮らすという経験したことの無い生活に、実は少し胸を躍らせてたんだ。 だから全寮制の男子校なんていうむさ苦しそうな高校に入学したことについては言うほど後悔していない。 女子がいないのは華がなくて寂しかったけど、逆に女子の目を気にせず生活するのはそれはそれで楽だった。 ただひとつ問題があるとすればこの高校がなかなかに校則が厳しく閉鎖的な環境にあるということだ。 そして、厳しい校則というのは寮生活にあった。 実は一度入学入寮してしまえば、自由に実家には帰れないのである。 学校の長期休暇、家族からの帰省命令、あとこれは当たり前だか親族の病や危篤の知らせ等の事情がなければ、容易く実家に戻ることはできない。 無断で帰省したことがバレると処罰がある、らしい。 らしいというのは噂で聞いただけだから断言ができないんだけど、みんなが口を揃えて言うので多分これは間違いないと思う。 よって必然的に寮内、または校内は閉鎖的な空間となり外部からの刺激がほぼ皆無となる。 さらに周りはみんな男。先生も男。清掃員のおじいちゃんも男。寮の管理人さんももちろん男。この空間には男しかいないんだ。 そうなると思春期真っ盛り、性欲もりもりな我ら男児がどうなっていくか…お分かりいだけるだろうか。 欲を持て余した男児たちの向ける矛先は、同性しかない、ということだ。 だいぶ遠回しに言ったが、要はホモだらけの高校だったということである。マジ勘弁してくれ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】Ωの俺は、βと偽って、ビクビクしながら学校生活を送ってた。教師と生徒×オメガバース!
7
1
1
1
1
1
45話 / 83,458文字
2018/4/8 更新
両想いになった不器用なふたりがいろんなことに直面しながらも愛を育んでいきます
38
29
61
16
5
20
142話 / 214,461文字 / 39
2018/9/18 更新
68
1
42
15
13
18
11話 / 8,718文字 / 100
2018/10/31 更新
1話 / 183文字 / 0
2018/12/7 更新
ゲイフォビアとその親友とオープンゲイの高校生たちのお話。
1
1話 / 14,735文字 / 20
2/22 更新
英国の寄宿学校で生まれた、密やかな初恋の思い出。
10
1
9
8
14話 / 18,349文字 / 0
9/14 更新