95 / 141

8―15

 無意識にその妖艶な顔へと手を伸ばし、頬に触れると逸也は目を細めて口許に笑みを浮かべる。唇が降ってきた。 「……っん」  深く差し入れられた舌に夢中で応えれば、いつの間にか下着に浸入してきた大きな手のひらが日向をぎゅっと握りこんだ。血液がそこに向かって集まっていくのがわかる。緊張と快楽と、ふたつの間を揺れていた心が、一気に快楽へとベクトルを向けていった。 「ふ……、ぁあ」 「いいよな、ここ」  丸い先端で親指が円を描くように蠢いた。 「それから、ここも」  裏側にある縫い目のような筋を撫でられて腰が浮く。 「や、あ……ぁ」  力加減も指の位置も。同性だからこそわかる的確さに日向は翻弄されていく。強く握られたそこがはしたないほど脈打つのを感じて、けれどももう恥じらう余裕もなく、与えられる悦楽で思考は渦に巻かれるようにトロトロ溶かされてしまう。 「イチさん……好き」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!