45 / 219

第45話 高谷広side

* 「はぁっ、はぁっ」 心が出て行ってから急いで後を追ったが、どこを探しても見つからなかった。駅まで来てみたが、ここにもいない。 財布も携帯も持たずに出て行ったから、電車には乗ってないと思うが……まさかあんな可愛い顔をして、こんなにすばしっこいとは思わなかった。 「くそ……」 土曜の朝だということもあって、朝帰りの酔っ払いや若者がちらほら見受けられる。寝間着姿で目立つだろう心が、絡まれていないか心配で仕方がない。 (もし心に何かあったら──) 「あの……」 突然後ろから呼びかけられて振り返ると、若い男女が立っていた。 「あの、もしかして、黒髪で可愛い顔した男の子のお知り合いですか?パジャマ姿の」 「……っ!知ってるんですか?」 「え、ええ。そこのベンチに座ってて、どうしたんだろうねってこの人と話していたら、不良に絡まれて。ね?」 女性に同意を求められた男性が、頷く。 「ああ。けど、様子を見てると知り合いのようだったから、問題ないと思ったんですが……」 (知り合い……?あの心が?不良と?) ただでさえおどおどしてる心に、そんな知り合いがいるとは思いにくい。 涙目でプルプル震える姿が目に浮かび、思わず拳を握りしめた。そんな俺のただならぬ反応に、二人が申し訳なさそうに眉をさげた。 「すみません。止めるべきでしたか……?」 「い、いえ!教えて頂いてありがとうございます!」 もちろんそうして欲しかったというのが本心だが、赤の他人のためにそこまでする義理はない。むしろこうして情報をくれただけでもありがたいくらいだ。 (とりあえず、心を探さなきゃ) 「あの、その不良の見た目と、行った方向を教えて頂けますか?」 不安がっているだろう心を早く安心させてやりたい。 その思いで、俺は教えてもらった方向へと急いだ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!