46 / 219

第46話

* カラオケというところに連れてこられた俺は、手に汗を握りながら長椅子に座っていた。隣には、戸塚君が足を組んで座っている。 醸し出す雰囲気が怖すぎて、とてもじゃないけど顔は見れない。 「それで?どういうことか、説明しろよ」 出会ってから今までの中で一番低い声で問われ、俺は恐る恐る弁解を試みることにした。 「あ、あの、さっきのは違くて……」 「ああ!?」 「ひぃっ!!」 (怖いっ……!) 横からの怒鳴り声に思わずギュッと目を瞑る。 戸塚君が根が優しい人で、この行動も俺を心配してのことだって分かってる。分かってるけど、凄まれるとやっぱり怖い。 「あ、あの、ね」 これ以上怒らせるのが恐ろしくて、仕方なく真実を話すことにした。 すっごく恥ずかしいけど、戸塚君はあの金髪さんとえっちな関係だから、なにかアドバイスをくれるかもしれないし。 「昨日……先生と、同じベッドで寝てて」 「……」 「俺、戸塚君の言葉思い出しちゃって……」 「……」 (うう……恥ずかしい……) チラリと盗み見た戸塚君の目は明らかに先を促していて、慌てて目をそらす。この先を言うのは流石に恥ずかしすぎるけど、ここで黙ってしまったらお叱りを受けるのは目に見えている。 俺は意を決して、膝にある拳を握った。 「それで、か……硬くなっちゃて……」 「はぁ?」 小さな声でモゴモゴと言ったから聞こえなかったのか、戸塚君は身体を寄せてきて、不可解そうに眉をひそめる。 「だ、だから、か、硬く……」 「……一応聞くけど、何が?」 「なっ」 (何が……っ!?) 「そ、それは……ち、ち、ちち……」 小鳥の鳴き声のような音を出して勇気を貯める。 「ち、ちんち──」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!