1 / 106

Prologue

 ――アムルーズって、どういう意味?    古くなって色褪せた看板を見上げながら、思い出す。  それは僕が初めて花屋『アムルーズ』に来た時の事。その時店主だった彼女に、僕は尋ねたのだ。『アムルーズ』とはどんな意味なのか、と。  ――「恋人」って意味!  笑って答えた彼女に、きっと僕は苦笑したのだろう。その時、自分がどんな顔をしていたのか、わからない。ただ、あまりにも彼女に似合うその言葉に、愛おしさを感じていた。思わず彼女を抱きしめたくなる衝動に耐えていた。  ――ねえ、れいくん。  あの頃の僕は、信じていた。これからこの花屋で彼女と共に働くことになる僕も、この『アムルーズ』の意味を誰かに笑いながら教えてあげる日がくるのだろうと。もしかしたら、初めて教えてあげる人は、僕たちの子供かもしれないなんてそんな淡い夢も抱いて。  ――私、れいくんと恋をして、すごく幸せ!  今、彼女がいない『アムルーズ』。  この花屋の名前は、僕にとって、ただ思い出を閉じ込めただけの、古ぼけた看板だ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!