2 / 2

第2話 学級議長No.1候補

 「はーっ…なんで俺らがこんなこと」  「君たち。頼むのもなんなのだが…  「で、この量のバカみたいに多いプリント運び?なにがなんなのだがーだよ」  「しゃーねーだろ~センコーも忙しーんだろ?まぁ俺はー…」  「俺は?…」  「そーちゃんと一緒に居れるだけで幸せ!」    ドキン…ドキン…  「やめろよっ!!そーゆーこと言うの!!」  あっ…  バサバサバサ  「だからそういうこと止めよっていったじゃんか~」  「階段あと一段で転ぶってなんかそーちゃんぽいなー」  「あーあ、ひろわなきゃー」  「私が手伝おうか」  「あっ…有難うございます…」    その人は大人っぽくて髪もサラサラしてた…    「足もけががあるじゃないか…私が保健室に連れていこうか?」  「大丈夫ですよこんなかすり傷」  「待っていろ今保健室から絆創膏を持ってくる」    「有難うございました 何から何まで。」  「いやいいんだ、別に役に立てたなら」  「すいません…お名前は?」  「あーぁ…君と同じクラスの傘立利魔だ。よろしく」  「君は可愛い顔をしているな(ボソッ…  「それではまた」  「あっ…はい」    「あーすまないな、運んでもらって」  「いえいえ」  「それじゃあまた明日」  「失礼しました」    「いつになっても職員室はきんcy…     チュッ…  「…っあ…んっ…ここ学校だよ?!」  「なんか…負けた気がした…」  「なんだよ~負けた気ってぇ~」  「ねえ…」  「なんだよ」  「愛してるって言って…」  「…あーっ、わかったよ」    「愛してる」
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】『右肩の蝶』続編。動き出した運命の行方は!?
22
50
2
17
完結済/80話/84,838文字/60
2017年8月8日
俺の好きになった人はとんでもない奴だった。ヤク恋にも登場しました、赤石のお話です。
294
255
746
685
182
403
完結済/239話/184,943文字/611
2017年8月27日
大きな痛みと小さなあたたかさが少年を大人にした――背後霊が見た一つの恋物語。
1
1
2
3
2
完結済/12話/20,300文字/28
2017年8月7日
ヤクザ面の純情童貞×腹黒美人ビッチ先輩
4
29
77
19
53
20
完結済/15話/61,829文字/655
2017年8月27日
四組の壮大な一年の恋を描いた、高校生ストーリー
35
13
18
12
16
13
連載中/19話/19,095文字/20
6月29日
四回目の誕生日の翌日、僕は目が覚めた時、ぎゅうぎゅうとした温かな圧迫感の中に居た。
2
1
連載中/8話/7,375文字/0
7月22日