74 / 77

第74話

僕ってフェラするの好きだったんだぁ。 ……献身的だなぁ〜 ハムハムとあいちゃんの陰茎を舐めて愛撫する自分自身に若干酔いつつ、積極的に舌を使って気持ちよい場所を攻める。 「……はぁ……霖……っ」 「……」 あいちゃんの艶のあるため息が零れてくるたびに嬉しくて、気持ちも高まってきてしまう。 「……こんな光景、エロすぎてそれだけでイってしまいそうだな。凄く気持ちイイよ……霖……」 股の間に顔を埋めている僕の頭を優しく撫でてくれる大きな手は、温かくて触れてもらうだけで気持ちが良い。 その大きな手がスルリと僕が着ているブレザーを脱がし、露わになる肩や背中を順番に撫でていく。 あ、わき腹は……弱い…… 知ってか知らずか、弱い部分をじわじわと指先が這いまわるので次第にフェラに集中できなくなってくる。 ピクン…… それどころか僕まで気持ちよくなってきてしまい、下半身が疼いてしまうではないか。 はぁ…… 「ははは、顔が赤い……霖もういいぞ交代だ。今度は俺の番だな」 「え」 口でイカせてあげたかったのに、交代だと言われてしまいキョトンをしてしまった。 顔をあげさせられるとキスをされ、された瞬間下着をスルルと脱がされてしまう。 そしてあっという間に仰向けにされると、やわりと触れられる感触に腰がヒクついてしまった。 「我慢しなくていいからな?」 「え?あ……っひゃぁ……!うっ……んんっ!」 陰茎を手で軽く扱かれたと思ったら、すぐに熱いものに包まれるのがわかった。 そしてそれは恐ろしく気持ち良い! ねっとりとした舌が絡みつき、擦り吸い上げられる。 あいちゃんに……っ!しゃぶられてる……! 「ひゃっ……あ、あいちゃん……だ駄目っ!それ……っ」 それいやーーーっ!! あいちゃんのお口っ……!超気持ち……イイ……っ!! 唾液が混ざってぶっ飛ぶくらい絶妙に扱かれ、亀頭を攻められてしまい、我慢とかそういうレベルではない! そもそも最近は自分以外触ることがなかったので、久々の慣れない刺激に余裕はなく、すぐに達してしまいそうだ。 「は、は、あい……っちゃん!……でちゃ、でちゃうよ……」 「……」 「本当に……マジで……ぁ……っあああぁん!」 叫んでも反応がなく、離してくれそうにないので、僕はそのままあいちゃんのお口の中に射精してしまった。 最後まで丁寧に舐め上げられてしまい、恥ずかしい…… 「はぁ、はぁ……もうー!……あいちゃんの……馬鹿……」 「はは……まだ始まったばかりだぞ?もっともっと、気持ちよくしてやるから」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!