1 / 450

第1話 千紘side

この世界には6つの性別があった。 男女の他に、アルファ・ベータ・オメガ。その順番で優劣がついており、俺は最も下のオメガ。 そんなオメガは就職するのも難しい。 3ヶ月に1度訪れる発情期になってしまうと、仕事どころか私生活もままならなくなる。 他にも理由はあるけれど、1番厄介な理由はそれだろう。 けれど、その問題を解決する唯一の方法があった。 ──白樺(しらかば)学院。 全寮制の男子校。ここに入学し、卒業したオメガは、ちゃんとした職に就けるらしい。それは国が保証しているらしく、全国のオメガがその高校を受験する。その為に倍率は引くほど高い。 そして、そんな戦争にも似た受験を勝ち抜いた俺──松舞(まつまい) 千紘(ちひろ)は今日、白樺学院に入学した。 「気を付けるのよ。発情期に入ったら、部屋の鍵は必ず締めること。わかった?」 「うん、ありがとう母さん。」 寮に荷物を運んで引越しは完了した。 寮ではそれぞれの部屋の中にお風呂もトイレもある。ただ少し狭い。ベッドを置くと殆ど幅が取られてしまった。 「じゃあ帰るわね。······いつでも帰ってきていいからね。」 「そんなすぐに帰らないよ。でも······ありがとう。気を付けて帰ってね。」 母さんを寮の前まで見送り、部屋に戻る。 俺はまだ発情期が1度も来ていない。 だから、残りの3年間ももしかしたら来ないまま、学生生活が終わるかもしれない。それなら万々歳だ。 ここの寮は性別により建物が違う。 オメガはオメガだけ、ベータはベータだけ、アルファはアルファだけが暮らす寮で生活をする。 寮の中でなら万が一オメガが発情しても、周りに居るのはオメガだけだから、襲われたりすることも無い。安心で安全な設備だ。 部屋の前まで来ると、そこには1人の生徒がいた。「こんにちは」と声を掛けると、大袈裟に肩を震わせて、振り返る。 「こ、こんにちは······」 「そこ、俺の部屋なんですけど······何かありましたか?」 「あ、いや······名前が、気になって······」 「名前?」 部屋の外にはその部屋でクラス生徒の名前が書かれたプレートがぶら下がっている。 俺の名前はわかりやすい名前だから、気になるも何もないと思うんだけど。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!