1 / 2017

第1話※

 激しい痛みに眩暈がした。全身の至るところを斬られていて、もはやどこから出血しているかもわからなかった。指先が冷たくかじかみ、武器を握っているのもやっとの状態である。 「はぁっ……はっ……」  肩で息をしながら、アクセルは顔を上げた。  すらりとした長身の男性が、微笑みながらこちらを見つめていた。柔らかな金髪が優雅に風に揺れている。白い上着には乱れた箇所はひとつもなく、今現在戦闘中の人物とは思えない。  右手に握られた太刀を下に軽く振ったら、地面に鮮血が勢いよく散った。あれも全てアクセルの血だ。 「ふふ、もう限界かな?」  にこりと笑い、艶やかな唇から言葉を紡ぐ。 「せっかくの『死合い』なのに、これで終わりなのはもったいないね。もう少し楽しみたかったのにな」 「兄上……」  腹の底から活力が沸き起こってきて、アクセルはもう一度武器を構えた。  そうだ、俺だってまだ倒れたくない。もっと戦っていたい。  戦っている時だけは――今この瞬間だけは、兄は自分を見ていてくれる。自分だけを見て、自分だけを斬って、自分だけに話しかけてくれる。  これは誰にも邪魔されない二人だけの時間。アクセルにとっては至福の一時だった。  もっと俺を見て欲しい。もっと、もっと。 「く……くく……ははは……!」  衝動が抑えられず、アクセルは兄に突進していった。両手の小太刀を振りかぶり、敬愛する兄に斬りかかる。  身体が軽い。痛みも感じない。全身の血が沸騰するように滾り、背筋がぞくぞくするほどの快感がこみ上げてくる。『死合(しあ)い』でこんなに気持ちよくなれるなんて、初めての経験だ。  今なら兄に勝てるかもしれない。尊い身体に傷をつけられるかもしれない……! 「たあぁぁぁあ!」  ガキン、と金属がぶつかり合った。夢中で振り下ろした二刀小太刀は、いとも簡単に受け止められてしまった。

ともだちにシェアしよう!