10 / 56

第9話

「お前、ずっと俺の事を見ていただろ?」 いきなり眞司にそう聞かれ、僕は頭に血がカッと上った。 (気付かれていたんだ…!!) 眞司はいつも皆に見詰められ、仲間に囲まれていたから…僕なんかの視線には気付いていないと思っていた…。 (…どうしよう…いつも見ていたって…ストーカーとか、思われたかも…) 血の気が引き、オロオロとしてしまう。 「俺の事、好きなんだ?」 僕は頷く事も、否定する事もできずに固まったまま。 頭は真っ白、飽和状態。 目の前が涙で滲む。 涙が零れ落ちないように大きく目を見開き、唇を噛み締める。 眞司に気付かれないように。 -と…不意に。 眞司の手が伸びて来て僕の顎を掴み、顔を上へ向けられ…眞司の顔が近付いて-。 僕の唇に眞司の唇が重なり、吃驚して開いた口から眞司の舌がスルリと入ってきた。 (???????????) 僕の頭の中はクエスチョンマークだらけ。 今、自分が何をされているのか…全然、理解できなかった。 眞司はそんな様子の僕の制服のズボンに手を伸ばし、チャックを下ろす。 -眞司に口付けをされて頭の中が真っ白になっていた僕は、その事に気付く事はなく-。 眞司の舌が僕の舌に絡まり、優しく吸い上げる。 初めての口付け…それも眞司からの…に、僕は、うっとりとなってしまう。 キスに夢中になっていた僕は、だから気付かなかった。 眞司の手が僕のズボンの中に入っている事に。 -気が付いた時にはもう既に、僕のペニスは眞司の手の中に-。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

これは、とあるご主人様ととある執事の性的な日常の一ページである。
53リアクション
11話 / 3,342文字 / 174
2017/7/9 更新
俺がこの世からさよならして7年。久しぶりにあいつに会いました。
13リアクション
3話 / 5,037文字 / 57
2017/8/18 更新
ずっと傍にいるよ。君がそれを望んでくれるなら。。(エブリスタ公式イベント参加作品)
438リアクション
55話 / 48,057文字 / 390
2018/12/2 更新
連載中
spring
愛と憎悪と、虚実と、
1話 / 371文字 / 0
5/2 更新
デリへルで働く彼方は、ある日変な客に好かれてしまう。
24リアクション
10話 / 10,153文字 / 20
6/12 更新