21 / 100

変化 4 浩side

「待たせて悪い。」 真っ暗な廊下に非常口の緑の光が妙に馴染んでいた。病室のドアの前でしゃがんでいる猫背がちのシルエット。いつも能天気に接してくるけど、今は少し不気味に感じる。それは俺の中にある恐怖からなのか罪悪感からなのか。その中に引きずりこんでいく、そんな悪魔のように今の俺には見えた。 「思ったより早かったね、和くん大丈夫そう?」 「ああ、おかげさまでな。今日は陸も見届けるのか?」 普段、ターゲットが死ぬ時、つまり俺が手をかける時に陸は顔を出すことは滅多にない。陸がいると怪しまれる可能性があるからだそうだ。確かに死ぬ前からターゲットの元に葬儀屋がいるのはおかしな事だろうし、もしもその時を誰かが目撃していたら不審に思われるだろう。 俺の質問に、陸はくすりと笑った。 「うん、じっくり見届けるよ。」 その言葉に背筋がぞくりとする。 「ほら、そんなひどい顔してないで早く済ませるよ?当直の看護師の見廻りが後20分でくるはずだから。」 「ぁあ、任せとけ…。」 そして、俺たちは静かに病室に入った。 目の前にはもうあの世にでも行ってしまったかのような安らかな顔。この爺さんは自分が癌だと気づいた時からどんな気持ちで生きてきたんだろうか。 「なあ、陸。」 「なにー?」 陸は子供の様にくるくると座っている椅子を回している。俺はすでに配合しておいた薬を注射器に入れながら言った。 「この爺さんは天国に行けると思うか?」 自分でも馬鹿馬鹿しい事を聞いたもんだと思った。 「浩にしては面白い事言うね、情報によると滝正史は学歴も優秀、仕事もこつこつと真面目にこなして、上司からも部下からも信頼されてたみたいだよ。たぶんこんな上手くできた人間はそういないね、天国ぐらい簡単に行くんじゃない?」 キィッ、と椅子を止め陸は爺さんの顔を見つめながら言う。 「浩はさ、罪悪感があるんだね。もう自分でも気づいてるだろうけど、人を殺すことを躊躇してる。最近は本当に柔らかくなったよね、和くんの前でああなるのはいいけどさ、人殺すときはもっと前みたいにしようよ。」 「前みたいに?」 「そう、報われない人のための人殺しだって浩は言ってたの覚えてる?」 「ああ…。」 「浩はちょっとだけ歪んだ正義感に駆られてた。でも俺は浩の考えは正しいと思った、もちろんボスだって。じゃなきゃ浩を雇ってない。ボスにとって浩は希望なんだよ、躊躇してこの仕事辞めるなんて言ったときには、たぶんボスは黙っちゃいないだろうね。」 「…ああ、分かってる。」 注射針をしわしわの肌に埋めていく。 分かってる、俺はただ頼まれた事をしているだけだ、人のためにしてるんだ。それなのになんだ?罪悪感?嫌悪感?ああ、なんでもいい、どうしようもなく早く和に触れたい。 爺さんは目を閉じたまま苦しそうに不規則に呼吸をしはじめ、やがて静かになった。そっと布団をかけ直し、俺たちは病室に背を向けて歩いて行った。 「ひとつ聞いてもいいか?」 報告の電話を依頼者にし終わった陸に俺は尋ねた。 「いいよ。」 「陸はなんでこの仕事をしようと思ったんだ?」 陸は葬儀屋で職種は違うが人殺しにはかわりない。同業者だ。俺より先にこの世界に陸はいた。昔からふらふらと不思議なやつだからと特に気にはしていなかったが、今は無性に知りたくなった。 「面白いからだよ、それだけ。」 この時初めて、陸の屈託のない笑みを見た気がする。 「お前らしい。」 当たり前じゃん。そうケラケラと笑い先を歩いて行く陸に俺は続いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!