27 / 95

別別 1 浩side

浩side 「悪いな、送ってもらって。」 「構わないよ、それより和くん体調崩してる時に急に呼び出しちゃって悪いね、今度借りは返すよ。」 あれから陸に車で家まで送ってもらっていた。道中、渋滞に巻き込まれて思っていたよりすっかり遅くなってしまった。時計を見ると午前4時。さすがにまだ和は起きてないだろう。 そう思いながら自室のドアの前に立ったところで異変に気付いた。 「開いてる…?」 ドアが微かに閉まりきってなかった。いや、確かに戸締りはきちんとしたはず…。和が起きたのか? 何ともいえない緊張感の中、ドアを開けると見知らぬノートパソコンが玄関に無造作に落ちていた。拾い上げ中を見てみると、デスクトップには体育大会の写真だろうか、クラス写真が表示されていて。中心には、和と開生。おそらく和のパソコンで間違いないだろう。それがどうしてこんな所に落ちているのか。心拍数が上がる。 「和ー?起きてるのか?」 恐る恐る寝室を覗くとベッドはもぬけの殻。 「和っ…。」 冷や汗が額を伝う。 その時、 ピリリリッ─── タイミングよく鳴った通知音。期待を込めて急いで開くが、すぐにそれは崩された。 『浩 少しの間お世話になりました 結婚することになりました 勝手に出て行ってごめんなさい もう連絡はしません さようなら 和』 無機質に並べられた文字。手からするりと携帯が落ちる。 「う、そ、だろ…。」 崩れ落ちた俺の体はベッドに沈んだ。握りしめたシーツには和の匂いが残っていた。 どうしてそんな急に。俺が救ってやるって言ったじゃないか。俺に救い出して欲しいって言っていたじゃないか。あの笑顔は全部嘘だったのかよ…っ。 「和──…。」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!