49 / 95

監禁生活 5 内田side R18

ここへ連れてきた時よりも随分軽くなった体は、簡単に持ち上げることができて、軽く投げると、ぽてりとベッドに沈んだ。 「ぁっ……。」 うつ伏せにしたまま、腰を掴み、そこだけを高く上げさせる。ヒクつく蕾に舌を這わせれば、枕に顔を埋めたまま、いやいやと左右に振っているのが見えた。 「やっ…やぁ…、」 破壊された思考は、ここまでも快楽に支配されるのか、と感心する。 「何が嫌なの?言ってごらん?」 そうして、わざと、蕾の周りを優しく刺激してやると、 「もっ…はやく…ほしい、です…。」 おねがいします、 そう言葉を繕う唇は、少し赤らんでいて、妖艶だった。引き寄せられるようにその唇にキスを落としてやると、苦い精液の味がした。 「ん、挿れたげる。」 その言葉を最後に、俺は和の耳を両手で塞ぎ、そしてバックの体位のまま、再び隆起したモノの先端を蕾に宛てがった。入り口はヒクつきながら、くぱりと広がり、徐々に俺のモノをのみこんでいく。 「ァァッ…!!んっ……ぁ…」 「ハァッ、すごいよ、和…。」 俺はこの時点ではまだ腰を動かしていない。同じく和も腰を動かしていなかった。けれど、ゆっくりと確実に俺のモノはのみ込まれていく。 「和の孔、俺のを吸いとっていくよ…。」 初めての感覚に、俺はすぐに2度目の精を放った。 「あっ、あっ、んぁっ、ァァッ…!」 俺は己の快楽への欲求を満たすために、腰を振りたくっていた。激しい動きに、和の身体も大きく揺すられる。揺するたびに上へ上へと移動していってしまうから、俺は片手で和の頭を枕に抑えつけた。 「ッ…!ンっ……ンンッ!」 和の声がくぐもったものにかわる。俺はバックから激しく突かれ、頭を抑えつけられているそんな和の姿を上から見下ろして。 犯してるみたいだな…。いや、実際犯してるんだけども。 そういえば、和が男娼をしていた頃、和はバックの体位を好んだ。俺も深くまで挿入できるし、支配欲を満たせるから好きだった。受けからすると、支配されている感覚により感じるそうだ。けれど、和の場合この体位を好んだ理由は、相手の顔が見えないから。本人から聞いたわけでもなかったけど、なんとなく分かっていた。 とすると今、俺は菅井に和を諦めさせる為に俺と和が愛し合っている姿を撮っているのに。…これでは意味がない。 もっと俺を求めて、互いに求め合っている姿をあいつに見せつけなければ…。 「ひっ、んあっ、!」 ずるりと一気に引き抜くと、蕾からはどぷりと、俺の精液が流れ出た。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!