48 / 95

監禁生活 4 内田side R18

和が俺のズボンのチャックを降ろしている間に、まだ身に付けていた上衣を脱いだ。 「ぁ、おっきい…。」 ギンギンになった俺のモノを、うっとりとした目で見る。 当たり前だよ、和…。 俺だって薬が完全に効くまでずっと我慢してたんだから。 「和のお口で気持ちよくしてくれる?」 「きもちよく、します…だから、うちださんの、おいしいせいえき、ください…。」 何度も言わせてきた言葉を素直に言って俺に繕う。ほんとうに従順だな…。 鎖をつけていなくても、俺の下で(ひざまず)き、その口より大きなモノを一生懸命頬張る姿は、十分に俺の支配欲を満たした。 ジュプ…ジュプ… 「……ふ………ン……んぁ、」 舌を使いながら、懸命に前後に頭を動かす和を見ていだが、徐々に我慢の限界がくる。 「歯、立てるなよ。」 「ンンッ……〜〜…‼︎」 その言葉が合図とでも言うように、後頭部を持って一気に引き寄せた。突然突かれた喉が、キュッと締まる感覚にやみつきになる。苦しそうだが、それでもフェラをする和の動きに合わせて、俺も腰を動かした。 「ンッ…………ンッ………。」 「美味しい?」 ジュプッ…、グポッ…グプ… 「………ぁ゛………ぁ゛えっ……、」 止まらない挿入に話すことができず、和は必死に頷いた。 「そっか、なら、全部やるから、こぼすなよっ、」 「…………っ……っっ!…」 和の頷きに気を良くした俺は、自身を更に大きくさせる。そのまま構わず腰を振り、和の頭を引き寄せると苦しそうに喉が締まって。いくら空気を取り込もうとしても、俺のモノを搾り取るだけになってしまう。その動きでますます俺のモノは大きくなる。 「ははっ、息できないね、ごめんね。」 そろそろ解放してやるか……。 ズブッ…ズプッ… 「かずっ…出すよっ!」 「ンンッ…ンンンンンンッッ………!」 喉の再奥に叩き込む。ドクドクとなかなか止まらない。 ああ…気持ちいい。 暫くこのままでいたいが、再奥まで突っ込まれているせいで、和は飲み込むこともできず涙を流している。放った精液が食道へと流れていくだけならいいが、気管に流れると厄介だ。 「………ぁっ……かはっ……ンンッ!」 ズルリと抜いた瞬間に、せっかく入れてやった精液が垂れそうになる。咄嗟に口を手で塞いでやり、それを阻止した。 飲み込んで、そう優しく囁くと、和は、コクリとゆっくり俺の子種を胃へと流し込んだ。 「口開けて、あーん。」 親指を口内に入れ、開いてやると、白濁液はもうすべてなかった。あの量すべて飲んだんだな。想像すると興奮する。このまま、妊娠すればいいのに、とさえ思う。 親指をチロリと舐める舌は、真っ赤で のみ込まれてしまいそうだ。 「足りないの…?」 そう俺が聞くと、恥ずかしそうに顔を赤らめて頷いた。 「はい……、でも、こんどは……こっちの、あな、に、せいえき、ください…っ」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!