30 / 951

ー友情ー

望が雄介の病室の前を通ると何故だかそこから和也も笑い声も聴こえて来たような気がした。 そこで、望は足を止め、雄介の病室のドアをガラリと開ける。 そしてそこにはやはり和也の姿があった。 「和也!」 「あ、望…」 と和也はそんなのんびりしたような反応をするのだが、急に望の背中を押して望の事を病室から追い出す。 「え?ちょ、お前なぁ〜…何で、俺を雄介がいる病室に入れようとしなんだ!?」 「ま、いいからいいから…」 そう言って和也は人差し指を立て、口元へと当てる仕草をする。 そんな和也の姿に首を傾げる望。 「だから、何で静かにしなきゃなんねぇんだよっ!それに、今はお前と話してる場合じゃなくてっ!」 「あ、いや…ちょっとでいいから俺の話を聞いてくれねぇか?」 和也は望の耳元で話始める。どうやら、この話は他の誰かに聞かれたくはない話のようだ。 「とりあえず、仕事があるのは分かってる。でも、この話は望にも聞いて欲しいんだよ…。あのさ、今日はさ、桜井さんの所に見舞客が来てんだろ?その人達の様子を見ていて欲しいんだよ…。俺はその間に知り合いの刑事さんに電話してくるからさ…」 「…って別に声を小さくして話すような事じゃねぇだろが…」 「所がどうやらその桜井さんの事件で関係大有りかもしれないんだよ。とりあえず、訳は後で話すし、望は桜井さんの病室で様子見ててくれねぇか?仕事は後でやるからさ…」 そう言うと和也は携帯を手にして外へと行ってしまう。 そんな和也に1つため息を吐くと、仕方なしに和也に言われた通り、訳の分からないまま望は雄介の病室で雄介達と会話を始める。というのか、黙って見ているというのが正しいのかもしれない。 そこに居たのは、雄介の同僚で同期でもあって親友の坂本淳(サカモト アツシ)と言うらしい。 確かに親友が来ているのだから、話が盛り上がってしまっているのであろう。 親友とはそういうものだ。 こう話が合うというのか、心から話が出来る友達なのだから、こう上部だけの付き合いではない。 親友なのだから、しかも、何をしても何だか楽しいしおかしいと思う。 そんな姿に望も和也との事を重ね合わせていたのかもしれない。 しかし、友達でもない望がこの場所に居てもいいのであろうか?と望は思う所だ。 しかももう直ぐ面会時間のチャイムが鳴ろうとしている。 そして、面会終了のチャイムが鳴り響く。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!