41 / 951

ー友情ー

望はその話の輪の中心部の方に向かうと話をしていたのは、きっと、雄介の事を治療していた医師と刑事の姿だった。 「何があったんだ?」 と望はその新人医師に声を掛ける。 「あ!吉良先生…実はですね…今ここに来ているのは警察の方でして、今回の事件について被害者に聞きたい事があるそうでして…。でも、患者さんは未だに意識の方は回復してませんし、まだまだ話せる状況ではないので今日の所はと申し上げているのですが、なかなか僕の言葉では引き下がってくれなくて…」 その新人医師は望の白衣の裾を引っ張って、引き寄せるように望の耳側で話をしてくる。 「ああ、わかった…まぁ、俺が刑事さんにはそう言っておくからさ…」 「ありがとうございます」 望は警察の方に体を向けると患者さんの方はまだ回復していない事を話し明日以降来てくれと話すと警察の方はその場を去って行く。 「とりあえず、明日また来るってさ〜って、事でさ、この患者さんは俺の知り合いだから中に入ってもいいだろ?」 「はい、吉良先生なら構いませんよ…」 その新人医師に承諾を得ると望はやっと事で雄介に会える事が出来た。 「あのさ…一つ聞きたい事があるんだけど…。この患者さんが腹部に怪我してきた理由聞いたか?」 未だに生命維持装置が付けられている雄介の側に行くと、その辺にあった椅子を持って来て望はそこへと座る。 そして、さりげなく雄介の体の方へと触れる望。 「それはさっきの刑事さん達が言っていましたよ」 「それで…?って…あ!そうか!刑事さんが来ていたって事は桜井さんは何かこう事件に巻き込まれたって事か!」 そう1人納得しながらも、 「で、どうしたんだ?」 「あ!刑事さんの話だと桜井さんと被疑者は今日は休みだったらしく、2人でその被疑者の家で話をしていたらしいのですよ。で、ある話からその被疑者の方は自殺しようとして包丁を持ち出してそれを止めようとした桜井さんの腹部辺りにどうやら間違って刺さってしまったらしいのです」 「え?あ、そうだったのか…。そうか…桜井さんはこの話のケリを付けに行ったのか…」 そう最後の方は1人呟くように言う望。 最後の望の言葉にその新人医師は頭にハテナマークを浮かばせているようだ、首を傾げているくらいなのだから。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!