685 / 978

ー雪山ー

新城が本当に和也の事を執拗以上に留まらせる理由が本当に分からない。 もしかして、新城は和也の事を好きだっていう事なのであろうか? それなら、何となく和也が新城に捕まってしまっている理由が分かるような気がする。 和也が必死になって新城から逃げようと考えている間、新城は和也の肩から一旦手を離して、顎に手を当て、何かを考えているようだ。 そして、和也の方に視線を向けて、 「君さ…ウチの病院に来ないか?」 「…へ!?」 和也的には新城は自分の事が好きなんだろうと思っていたのだが、それは、どうやら違ったようだ。それは、いいとして、今、新城が言っていた事は一体どういう事なんであろうか? 和也はその新城の言葉に裏声で目をパチクリとさせながら新城の事を見上げる。 「…はぁ!?いきなりそんな事、こんな所で話すような事じゃないでしょう?」 「ま、確かにそうなのかもしれませんね…ですが、貴方とここで会った事が運命かと思いまして…。私の方はもうその事について院長と話しているのですが…」 「はぁ!?」 また、和也は裏声を上げる。 しかし、本当に冗談じゃない。そんな話を裏で勝手に進められていても困る。 「ウチの病院は隣町にある新しく出来たばかりの病院です。医療設備もちゃんと整っている所ですよ。確かに春坂病院でのコンビ制度っていうのもいいと思うのですが、私の病院の方はごくごく普通のシステムです。貴方の活躍の場をもっと広げてみませんか?」 そう言われても、やはり、望がいる病院の方が気に入ってる和也。 だから、春坂病院以外は行く気にはなってないのかもしれない。 だが、このまま和也が「うん」と言わなければ新城はこの場から離してくれなさそうだ。 和也からしてみたら、ピンチなのかもしれない。 このピンチをどう切り抜けようかと考える。 本当に新城は和也の事を離さまいとしてしっかりと腕も捕まれてしまってもいる。 きっと、和也の背中には嫌な汗が流れているのであろう。 もし、ここで和也が大声を出したとしても、誰も助けてくれなさそうだ。もし、和也が女性であるのなら、確かに大声を出したなら助けてくれる人はいるのかもしれないのだけど…。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!