805 / 978

ー波乱ー

毎朝、和也は遅刻しない程度に病院に来ていた和也なのだが、病院にある職員用の駐車場へと着くと、いつも空いていた和也の駐車場の隣のスペースにシルバー色の車が止まっていた。 この病院で働いているスタッフはみんな所定の場所に車を止める事になっているのだから、一瞬不思議に思いながらも和也は「新しいスタッフが入ったのか…」と思いながら、部屋へと向かう。 和也が部屋に入っていくと、望ではない背の高い誰かの白衣姿が目に入って来る。 この病院で働いているスタッフの中ではあんな背の高い医師はいなかった筈だ。と思っているのかもしれない。 和也は首を傾げながら考えていると、どうやら、和也の中で思い当たる節でも出てきたのか、急に顔色を変え、後退りをして、再びドア付近へと戻って行ってしまう。そして、その人物と望が話ている姿を様子を伺いながら聞いていた。 「どうも、お久しぶりです。吉良先生…。前にお世話になった新城颯斗です…」 そう颯斗の方は笑顔で挨拶をしてくるのだが、どうやら、望の方は笑顔ではない。寧ろ、その新城に顔を引く釣らせているのかもしれない。だって、新城にはいい思い出がないからだ。だが、一応、大人の常識として、自己紹介を済ませる望。 「…で、和也の事を狙っている貴方が何故ウチの病院に?」 そうストレートに聞く望。 「人聞きが悪いなぁ〜…。僕の方は真面目にこの病院で働きたいと思って、ちゃんと面接だってしてきたんですよ。それで、受かった…じゃいけないんですか?それに、面接してくれたのは、貴方の父親である院長にでしたからね…」 確かにここの病院の院長は望の父である裕二ではあるのは間違いない。それに、父が採用したのであれば、望にはまだまだ人事については口出しは出来ない訳で、そこは受け入れるしかないだろう。 「…で、ここでの病院のシステム的に色々な病院とは違うシステムという事を聞いているのでね…。貴方の父である院長が吉良望先生の所に行くようにと言われましたし…」 確かに最初のうちは指導医の下で働くのかもしれないのだが、それにしたって、望はまだまだ指導医に域には入ってないようにも思えるのだが、どうして、新城を望の指導医にさせたのかが?謎な所だ。ま、そこも仕方がない院長が決めてしまった事なのだから諦めるしかないだろう。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!