18 / 18

第18話

* * *  行為を終え、無言のまま身支度を整えていると、入江がぽつりと呟いた。 「諦めるの、やめろよ」 「は?」  唐突な言葉の意味がわからず首を傾げると、入江が思いのほか真剣な表情で柊馬に向き直る。 「俺、兄貴とずっと比べられて生きてきたから、いつも窮屈だししんどかった。でもおまえは教室に兄貴が来ても見向きもしないで、いつも一人でいたから……それが、なんか……」  言わんとすることが理解できず、沈黙したまま入江を見ると、ほんのりと頬を赤らめた彼が続けた。 「本当はずっと、友達になりたかったんだ。でも、おまえは俺のことも全然興味ないって感じで無視するし、腹が立って……」  それで妙につっかかてきたわけかと納得はできるが、小学生と同レベルの言動にはやはり呆れてしまう。 「だから、お前が俺のこと好きって言うなら、ちゃんと考えるから……」 「え……」 「もう宗近に無視されたくない……」  柊馬の服の裾を引っ張りながら、弱々しく本心を吐露する入江に、一瞬呼吸を忘れる。急に素直になりすぎだろ、と思う反面、ちゃんと名前を呼ばれることを嬉しく思う自分もいる。  ――なんだ、俺、こいつに名前を呼んでほしかったのか……?  あれだけ意地を張っていた理由が、そんなバカげたことだったのだと気づいた瞬間、柊馬は脱力した。心の中で入江をガキだとバカにしていた幼稚な自分が恥ずかしくなってくる。  今はまだ入江の誤解をとく気になれず、柊馬は目の前で俯いている少年に告げた。 「じゃあ、友達から始めるか」  パッと面を上げた入江が見せたのは、嬉しげなあどけない笑顔だった。 【おわり】
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

犬神憑きの彼に愛されすぎている拝み屋の、操を巡る攻防
179
38
70
5
8
19話 / 10,000文字 / 191
12/7
記憶を無くした青年と、その青年に執着する男の話。
183
30
30
107
15
54
7話 / 9,999文字 / 1,000
1/6
飼い主の犬養とその犬、秋田――忠犬か、狂犬か。主従から恋人になるまで。
25
2
19
9
4
9
8話 / 9,996文字 / 120
12/26
居眠りから目を覚ますと人気者にキスされたところだった。
28
15
16
18
1話 / 7,337文字 / 483
12/23
生徒にちんこ触られました。俺はどうしたらいいですか?
67
10
48
1
2
7
12話 / 10,000文字 / 254
1/6
完結
Blog
引退した出張ホスト教育係のブログ。お悩みもみんなで解決!なんなら直接会って教えようか?
105
31
16
13
16
36話 / 7,014文字 / 279
1/6