17 / 18

第17話

 そんなにイキたいのかと苦笑しつつ「有伎、好きだ」と囁く。かわいい、最高、と繰り返すたび後孔が締まるので、優越感という快楽は性別の壁をも飛び越えるのかと、少しばかり感心した。  指で探った時に見つけたイイところ目がけて、トントンと腰を穿つうちに、入江の呼吸が激しくなり、目尻から生理的な涙がこぼれ落ちた。 「どうした? つらい?」 「わかんな……あっ、なんかヘン……こわい……っ」 「何が怖いの」  濡れた頬を拭ってやりながら問うと、その手に頬をすりりと擦り付け、入江がまた瞳を潤ませる。 「んんぅ……おまえのが、中……ヘンにするからぁ……」 うまく息ができないおかげで語尾が甘えた感じに乱れ、柊馬は息を飲んだ。 「……俺の? 有技、童貞のチンコが怖いの?」 「うん、こわい……宗近の、熱くて……おかしくなる……っ」  泣き出しそうな声で首に腕を回してしがみつかれ、プツンと理性の糸が切れる。  初めてのセックスに溺れてしまわないよう、なんとか耐えていたのに、こうも素直に身を委ねられると、意地になっていることがバカらしくなってくる。しかも気のせいでなければ、入江に初めて宗近と呼んでもらえた。  もういい。とりあえず休戦だ。  柊馬は自分に言い訳をしながら、入江の唇を奪い、嬌声を頼りに抽挿を繰り返した。  何も考えずに貪った体はただただ気持ちよく、終わりなど来なければいいのに、と無意識に願っていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!