16 / 18

第16話

 ぬりぬりとハンドクリームを塗りこむように、時折後ろの窄まりに擦りつけ腰を穿つ。入江には悪いが、このままなし崩しに挿入させてもらうつもりだ。 「有伎、好きだ。なあ入れてもいい?」 「やだ、って言ってる……」  声に勢いがなくなっているのをいいことに、閉じていた股を左右に大きく開き、後孔へとあてがった。焦って足を閉じようとする入江を抑え付け、屹立で秘部を擦って刺激する。自分の下でいやらしい体勢をしている少年が、ひどく扇情的で興奮した。 「一度だけ。そしたら諦めるから」 「あきらめる……?」 「有伎の中に入りたい」  長い間放ったらかされていた雄を握ると、入江が甘い声をもらす。それを合図に、硬くなった先端を小さな孔につき入れた。 「うあ、あっ、あああ……っ」  慎重に挿入しながら、全て入りきったところで、ぎゅっと閉じられた入江のまぶたにキスをした。 「苦しい? ごめんな。でも全部入ったよ」  中に入ったままゆさゆさと腰を揺らすと、入江が「ほんとだ……」と小さくこぼすので、たまらなくなって唇を奪った。舌を絡めて吸い付くと、入江が圧迫感を紛らわそうとそれに応える。投げ出された手のひらを捉え、恋人繋ぎをすれば、ぎゅっと握り返してきた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!