15 / 18

第15話

「もうイキそうだよな」 「あんっ……ん、もう出したい」  切羽詰まった声音でしがみつかれ、柊馬は放り出すように奉仕をやめた。 「な、んで……」  目尻に涙を浮かべ、入江が声を震わせる。 「俺も有伎と一緒にしたいから、もう少し我慢して」  過剰に興奮している自分を演出しながら、柊馬はズボンのジッパーを下げ、固くなったものを取り出した。 「体勢変えていい?」 「ちょ……」  柊馬は脱いだブレザーの上に入江を横たえ、腰の下にクッションを差し込んだ。こういう時体格差があると助かる。簡単に組み敷かれてしまった入江は、むっと柊馬を睨み上げた。 「おまえ強引すぎるんだよ!」 「ごめん……。好きなやつとしてると思ったら抑えがきかなくて」  チュッと唇をついばんでから、入江の太ももの間にポケットから取り出したハンドクリームを塗りたくり、屹立を挟んだ。 「こうしたらセックスしてるみたいだ」  入江の欲望と擦れ合うように腰を前後させる。ぬるぬるした感触と太ももの柔らかさが想像以上に気持ちいい。 「あっ、も、おまえ……やだ」  ベソをかきながら入江が弱音をこぼす。半分諦めたその顔が妙に色っぽくてまたドキリとした。絆されるなんて冗談じゃないと思いながらも、知らない一面を見せられて妙な気分になる。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!