14 / 18

第14話

 口からでまかせの言葉で興奮を煽り、入江のパンツを下げる。跳ねるように飛び出したそれをあむ、とくわえた瞬間、彼の体が大きく震えた。 「あっ、んんぅ……」  気持ち良さそうに上擦った声で喘がれ、柊馬は不覚にもドキリとする。同級生のいやらしい声は、想像以上に興奮した。丹念に愛撫をすると声はさらに甘さを増し、柊馬の下肢も熱くなる。口淫を続けながら、入江の双丘の間へ指を滑り込ませた。 「ひゃっ!」 「有伎、ここもいい?」 「ば……っ、ムリムリムリ!」  さすがに尻の中を弄られるのは抵抗があるらしく、入江は全身を強ばらせて拒絶する。 「……じゃあ揉むだけ」  しぶしぶ後ろを愛撫しようとした指を引っこめ、尻たぶを鷲掴みにした。秘部の周りを刺激するように、柔らかい肉を拡げたり閉じたりしている間も、口での奉仕は忘れない。 「あ、あっ、はああ……」  再び甘い嬌声がこぼれ始めた。入江はまぶたを閉じて快感に集中しているようだ。  柊馬はじりじりと手をずらしていき、先ほどは抵抗された秘部の中へと、指の先端を埋め込んだ。 「わっ、ぁん、そこはだめってさっき……」 「でもここヒクヒクしてる」  ゆっくりと入り口をほぐしながら指を深くしていく。反応が大きい部分をしつこくいじりながら、雄の先端を舌で突くと先走りがあふれてきた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!