13 / 18

第13話

「有伎をかわいがってアンアン言わせたいだけだよ」  掠めるほどの微妙な位置で指先を上下に弾く。勝手に下の名前で呼ぶと、入江が「てめ、勝手に……!」と唸った。 「有伎の乳首おいしそう」 「……っ、キモいこと言うな変態ホモ!」  いつもの口汚さは健在だが、無視して乳輪をくるくるといじる。触れるか触れないかの微かな刺激に、入江は眉を寄せて耐えた。 「固くなってきた。なあ、有伎のかわいい乳首、舐めてもいい?」 「は? なに……」 「舐めるよ」 「ああ……っ」  じゅ、と小さな突起に吸い付くと、入江があごを浮かせた。空いている方の手でもう片方の乳首を刺激しながら、ゆっくと吸って舐めてを繰り返す。  焦れったい愛撫を続けているうちに、入江の頬が上気し、無意識に尻を揺らし始めた。 「有伎かわいいよ。俺に乳首かわいがられて、ここも固くなってる」  胸をいじりまわしていた手を入江の股間に移動させると、中心部がふっくらと膨らんでいる。  柊馬はそこに顔を寄せ、エロ本で見たシーンを再現するように、ジッパーを咥えてゆっくりと下げた。 「ここもしゃぶりたい」  下着の上にキスを落とし、唇で入江の形を確認しながら囁く。 「おまえ本当に童貞か……」 「毎晩妄想の中で有伎とセックスしまくってたけど、童貞だよ」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!