21 / 82

第19話

和田先生が看護師などに侑舞の行方を知る者がいないか聞いてくれたが、残念ながら知っている者はいなかった。 それどころか、見かけた人さえ1人もいなかった。 「湊くんゴメン!とりあえずスタッフの方で侑舞くんのこと探すから、ここで待っててくれるかな?もしかしたら戻ってくるかもしれないし!」 「いえ、俺も一緒に探します!」 「気持ちはよくわかるんだけど、ここで待っててほしい」 「でも………」 「湊、俺が代わりに探すからお前はここにいな。先生が言うように、弟君が戻ってくる可能性もあるんだから。」 渋る俺に碧海がそう言った。 すると久我野先輩も……… 「そうだな。湊と俺が病室残るんで、先生方と碧海で湊の弟を探してもらえますか?」 と言い出した。 「了解!じゃあ何君だっけ?」 「久我野です。」 「久我野君ね!1人じゃ湊君も不安だと思うから久我野君は湊君についててもらって、そっちの」 「多賀です」 「多賀君は俺たちと一緒に手分けして病院内を探してもらえるかな?」 「はい。もちろんです。」 俺だけが話に入れず、淡々と話が決まっていった。 そんな中、湊はあることに気づいた。 「あ、待ってください!侑舞の顔知らない人もいますよね?和田先生に写真送るから、分からない人に転送してください。」 「了解了解!!すっかり忘れてたよ!」 侑舞の写真を各自の携帯に送り、和田先生をはじめとする病院スタッフと、碧海による侑舞の捜索が始まった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

最愛の君にボクは最低な嘘を吐く。
1リアクション
1話 / 6,831文字 / 9
2017/7/26 更新
【オメガバース】後天性Ωであると診断された僕が出会ったのは、異国の王子様?…いいえ、暴君でした。
56リアクション
31話 / 34,358文字 / 382
2017/11/9 更新
『僕が玩具になった理由』3章です。
2リアクション
11話 / 4,246文字 / 120
6/18 更新
貧困層の青年アシュは愛しあった御曹司のライヤを裏切る。
2リアクション
4話 / 10,341文字 / 0
10/6 更新
社長α×大学生Ωのオメガバース
244リアクション
42話 / 67,110文字 / 984
9/9 更新
失明した佐々木良は、九歳で父の実家に預けられた。そこで秀というオメガの世話係をつけられた
161リアクション
11話 / 11,733文字 / 12
10/20 更新