34 / 163

第34話

魔王の執務室は、他の魔族がかなり少ない階層にあった。 俺の牢からしばらく歩いて、天井が高いから登るのが大変な壮大な階段を三つ上がったところだ。 廊下に面した窓の向こうは、目が覚めるような快晴だ。その向かいの執務室の扉は、アゼルが人型サイズだからか通常の大きさだった。 それでも俺にとっては、自分の牢の大きな扉よりずっと大きく感じる。 この扉のむこうに行って、俺は誤解を解いて仲直りをしなければならないのだ。 緊張して、扉を叩こうとする手が震えた。 それを見て、隣に立つガドが握ったままのもう片方の手にキュッと力を込める。少し痛い。 「大丈夫だぜ、俺は第四形態までならタイマンで殴り合える」 第四形態を見る前に最終形態に瞬殺された俺にとっては、すごく心強い言葉だった。 でも殴り合いはやめてくれ、俺はどちらも大切だ。 味方がいるというのは大きな勇気をくれる。 勇者の初めての味方が魔将とは、皮肉なものだが、俺はとても嬉しかった。 その場でゆっくり、深く深呼吸をする。 …大丈夫だ、誤解を解くぞ。 が、決意新たにノックしようとした手は、中から聞こえた困りきった声に、ピタリと動きを止めてしまった。 『いい加減、機嫌を直してください。今の貴方様の顔じゃあ、いつまでたっても魔王直属従魔のカプバット達が大きな目玉に涙をためて怯えてしまうでしょう』 「…誰かいるようだな」 「今の声は、宰相のライゼンだ。無限の獄炎魔(むげん ごくえんま)、ライゼフォン・アマラード。不死鳥のアイツは、気に食わない敵を何度も回復させて何度も焼き殺す」 アイツがいる間はまだ出ていかないほうがいい、とガドは様子を見るためにそうっと少しだけ扉に隙間を作る。 ここの役職持ちはみんなそんな恐ろしい肩書をもっているのか…? 魔王のアゼルがシンプルに見えてきた。実際魔王という肩書が一番危ないんだが、響きがまだ平和に思える。 もしかしたら、魔界ではアゼルの魔王にももっといろんな呼び名がつくのかもしれないが、それは後で聞いておこう。恐ろしいがちょっと気になる。 隙間から中を覗き見るガドにならって、俺もその隙間にこっそりと目を通した。 覗き見をするのは気が引けるが、無限焼死を回避するためだ。もし後で出会うことがあれば、ライゼンさんには謝っておこう。 隙間の向こうで順に目に入ったのは、書物の詰まった本棚と、質のいい黒ばりのソファー、つややかな木製のローテーブル。 ソファーの近くで女性と見まごう美しい細面を崩して困りきった表情をしているのは、見覚えのある赤い髪の麗人だった。 夕焼け色の翼をした、いつかの腹心は、恐ろしい宰相さんだったらしい。 アゼルに知らずセクハラ紛いの発言をしたとき、燃やされなくてよかった。本当に。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

従×主/年の差/ファンタジー/健気受け/年上攻め
16リアクション
4話 / 6,748文字 / 279
2017/10/28 更新
キング オブ ビビリの名を欲しいままに生きてきた筈だった。「なんでよりにもよって俺なんだ!?」
8,197リアクション
82話 / 77,576文字 / 4,769
2018/4/1 更新
完結
野望
腐男子もどきな平凡の野望
68リアクション
4話 / 6,315文字 / 230
11/12 更新
幼馴染みの高校生の 甘×2いちゃ×2 両片思い。 天の邪鬼な二人はどっちが先に素直になる?
167リアクション
14話 / 59,537文字 / 404
7/5 更新
R18/ファンタジー/天使/悪魔/美少年/強気受け/愛ある無理矢理/3P/執着攻め
290リアクション
15話 / 31,313文字 / 916
1/11 更新
連載中
夜明け前
魔界の僻地に暮らす龍の黄河(こうが)と名だたる淫魔・祥(よし)が紆余曲折で夫婦となっていく異世界FT
37リアクション
32話 / 111,554文字 / 0
22時間前 更新