プロローグ

 光に包まれ、金に輝く太陽と無数の花に愛される地の始祖ヒューマン。  夜を支配し、銀に輝く月と無数の星に愛される闇の帝王ヴァンパイア。  神は世を両者に等しく分け与えた――はずだった。  しかし、神の戯れか、悪戯か――  ヒューマンの中に「オメガ」というモノが出現するようになった。 「オメガ」には「あらゆるモノの命を育む力」があった。  どんなモノの子でもその身に宿すことができる。  男であれ、女であれ「オメガ」であれば、あらゆる命を産むことができるのだ。 「貴人」「鬼人」「奇神」  オメガから産まれたモノは様々な呼ばれ方をする。  そして、見る者によってその姿は違って見えるという。    もし――  ヴァンパイアが「昼でも活動できる忠実な僕」を望んでいるとしたら? 「オメガ」を使えばソレが叶う、と信じていたら?  この世界の不確かな均衡は、確かな混乱に変貌する――
作者
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
【R-18】人型ペットが流行している近未来。ペット研究者×ペット。襲い受け。
  • 8
  • 7
  • 1
  • 完結済/1話/3,080文字
  • 3月17日
"世界に名高い御曹司"の一人である一ノ宮楓は、ある日突然自分がオメガであるという事実を突きつけられる
    • 連載中/0話/0文字
    完結
    風変わりでも、少数派でも、これが俺達なりの愛の形。
    • 1
    • 4
    • 完結済/8話/6,881文字
    • 4月30日
    完結
    Ωの教師がαの男にお仕置きされる
    • 14
    • 35
    • 19
    • 完結済/7話/6,888文字
    • 5月9日