21 / 46

第20話 ニュース

 ――そなたの命に代えても、あの子を守り抜け……。  嗄れた声でありながら、逆らいようのない威厳に満ち満ちた王の声。そして、重々しく肩に置かれた大きな手に、身が引き締まる思いがした。俺は垂れていた頭を上げ、胸に手すっと手を当てる。そして、大きく頷いた。 「エルフォリアの未来のために」  王は一つ満足げに頷くと、疲れたように眉間を押し、倒れこむように玉座に腰を落とされた。日に日に王の病状が悪化しているのは、目に見えて明らかであった。血を分けた弟の裏切り、虎視眈々とエルフォリアを狙う敵国の脅威、それらが王の心身を苛んでいるのだ。  ――もうわしは、長くは持たん。そろそろ、潮時か……。  王は、王宮の窓から暮れ泥む空を見つめながら、疲れたようにそう言った。彫りの深い目元には暗い影がさし、未来を憂う物悲しさが漂っていた。力を失いつつある王に対し、言葉だけの励ましなど、もう届きようもない。俺は玉座に座す王の履物のつま先を見つめながら、硬い声でこう言った。 「覚悟は、とうにできております」  ――すまんな、リオ。  王の眼差しは、穏やかだった。  +   +  翌朝、俺は心地よい疲れを感じながら、ぬくぬくとした布団の中で目を覚ました。  腕の中には、ふわふわとした金髪と、あたたかな体温。背後からティルナータを抱きしめて眠っていたらしい。  少しもぞついてみると、ティルナータはむずがゆそうな声を漏らしてうつ伏せになった。肩甲骨や背骨のラインが芸術品のように美しくて、ついついうっとり見惚れてしまう。長い髪をかきあげ、俺はいたずらをするようにティルナータのうなじに唇を押し付け、指先でなだらかなラインを描く背筋をなぞり、ちゅっと耳の裏にキスをする。そんないたずらに、ティルナータは「んー……」と微かに呻くが、まだ目をさます様子はない。無理もないだろうな、と思う。あのあとも、俺は散々ティルナータの身体を……。  バスルームで、ベッドで、床で……。俺たちは何度でもキスをして、何度となくお互いの欲望を高め合い、そしてそれを貪りあった。  ティルナータがあまりに可愛い反応をしてくれるから、俺はしつこくしつこく乳首攻めをしてティルナータをいじめた。ペニスには触れず、ひたすらに乳首を舐めまわし、唇で啄ばんでは軽く噛み付いて……だんだんと赤く熟れてくるそこを指で捏ね、「ぁん、ぁんっ……!」と可愛く悲鳴をあげて腰をよじるティルナータを堪能した。  イきたくてもイけなくて、ティルナータはついに泣いて怒ってしまったのだが、そんな新鮮な反応もすごく可愛くて、俺はお詫びとばかりにティルナータにフェラチオをして、迸る彼の性液を全て飲み干してみせた。  そんな俺を「変態め!」と罵りはするものの、ティルナータはすっかり性の快楽の虜になっているように見え、俺のそういう行為を拒みはしなかった。  俺は、自分のベッドテクなんて大したものじゃないと思っていたけれど、ティルナータは俺に何をされても可愛くよがって、「気持ちがいい」言ってくれた。そして時には「しつこい!」と怒ってみたり、「腹が減った」と文句を言ってみたり……そういううやりとりも、ものすごく幸せだった。  まだペニスを挿入するところまではしていないが、ティルナータは指を挿れることを許してくれるようになっていた。夜寝る前にイチャイチャしていた時、ティルナータは俺の指を二本も受け入れてくれて、前立腺を探る俺の指の動きにびくびくと身体を震わせて「あ、ァ……なんか、そこ……へんだ……!」と、怯えたように俺を見上げ、それ以上先へ行くことを拒んだりもした。  正直、もうそのまま、ペニスを挿れてしまいたかった。  ゴムもローションもある。俺には経験がないわけじゃない。  長い脚を開いて恥部を晒し、俺の指を咥えこんでいるティルナータの姿は、途方もなくエロくて、頭のネジがふっとびそうになった。ローションまみれにされたピンク色のアナルに、指を出し入れされるたび、ティルナータは「ぁっ、……ぁんっ……」と悩ましげなため息を漏らしては泣きそうな顔をして、「ゆうま……こっちに来て」と心細げに俺の名を呼ぶ。  ティルナータに身を寄せてキスをすると、自分から舌を入れてくる。少しずつ積極的に俺を求めてくれるようになったティルナータのことが愛おしくて、愛おしくてたまらなかった。だからこそ傷つけたくはないのに、ティルナータの全てを自分のものにしたいという欲望は高まるいっぽうだ。  このしなやかな身体をペニスで貫き、もっともっと気持ちよくしてやりたい。激しく激しく、欲の赴くままに犯してしまいたい。長い髪を乱して、俺の上で腰を振るティルナータが見てみたい。ナカでイくティルナータを見てみたい、何度もなんども空イキさせて、もう俺なしじゃ生きていけないってくらいに、快楽で貶めてやりたい……そんなことを考えながら、俺は努めて優しくティルナータの身体を味わったのだった。  そんなことをされまくったのだから、疲れていないわけがない。調子に乗ってティルナータの背骨を辿るように舌を這わせていると、彼はようやく重たげに瞼を開き、そして「なにしてんだ……」と、かすれた声を出す。 「おはよう、ティル」 「……ん……くすぐったぃ……」  尻たぶを揉みながら、俺はティルナータの首筋にちゅっとキスをした。するとティルナータはこっちに顔を向けて枕に頭を預け、うっとりと艶やかに微笑む。そして「朝からお盛んなやつだ」といった。 「お前見てると、興奮するんだ」 「……ふふっ……」 「フェラしたい。だめ?」 「……口で、するやつか?」 「そう。……だめ?」  俺が焦らすようにそんなことを言うと、ティルナータは頬をピンク色に染めて、困ったような顔で寝返りを打った。 「ユウマは、して欲しくないのか……?」 「えっ……。そ、そりゃあ……男の夢ではある、けど」 「……その夢、僕が叶えてやろうか?」 「えええっ……、で、でも……」 「どうする? ユウマ」 「あっ」  ティルナータは、下だけ履いている俺の股間を、そっと指先で撫で上げた。そしてゆったりとした瞬きを何度かした後、もぞもぞと布団の中に潜り込もうとしたその時……。 「おーい、悠真! いるんだろー!? なんでてめぇメールも電話も無視すんだよ!! 生きてんのかぁ!?」  ドンドンドン!! とドアを叩く音。そして、無骨な淡島の声が部屋に響き渡った。  俺はがばりと身体を起こし、素っ裸のティルナータに慌てて服をかぶせ、ティッシュだのゴムだのローションだのが散乱した部屋を超特急で片付け、窓を開けて換気をした。するとティルナータは「さむい……」と、縮こまって布団の中に潜り込んでしまった。  そういえば、車も借りっぱなしだった。しかも例の火事事件の時の礼も言ってないし、あの日以来ずっとティルナータとべったりだったから、スマホなんて一瞬たりとも見ていない。いろいろと協力してもらってんのに、俺ときたらすっかり淡島の存在を忘れていた……。  若干の気まずさを抱きつつドアを開けると、淡島がジト目で俺を見下ろしている。  明らかに寝起きの俺の姿を見て、淡島の表情がさらに険悪になった。……申し訳ない。 「おう、おはよ……」 「……ふーん、で。そういうことになったってか」 「? 何が?」 「首んとこ」  淡島は、襟元の伸びた俺のTシャツの首のあたりを、トントンと指差した。  はっとする。……そうだ。昨日の晩、ティルナータが「キスマークというものをやってみたい」と言ったから、練習を兼ねて俺の首筋をいっぱいぺろぺろ……。  俺は大慌てで、首筋を隠す。 「どーすんだよお前!! あの子、元の国に返したいんじゃなかったのか!? 九条のやつ、『異世界への扉を開くための魔法陣をゲットしたで!!』とかなんとか言って、裏山でスタンバってんだぞ!?」 「えええっ!? ま、マジで……!?」 「なのにお前!! どーなんってんだよ、どういう関係になっちゃったんだよ」 「そ、それは……」  それはそれとして……。  異世界への行き方が分かったって……ことか!? 本当に、異世界への扉を開くことができるっていうのか……!? 「……すぐ、行くよ」 「え? それでいーのか?」 「うん……。とにかく、行くから。ちょっと待ってて」  俺は淡島に車のキーを返して一旦ドアを閉め、ドアを背にして深呼吸をした。  そして、布団にくるまっているティルナータのもとへ歩み寄る。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!