第1回 fujossy読切小説コンテスト

応募受付期間 :2016年11月01日(火) 13時00分 ~ 2016年11月24日(木) 23時59分
%25e3%2582%25b3%25e3%2583%25b3%25e3%2583%2586%25e3%2582%25b9%25e3%2583%2588%25e3%2583%258f%25e3%2582%2599%25e3%2583%258a%25e3%2583%25bc(%25e7%25b5%2590%25e6%259e%259c%25e7%2599%25ba%25e8%25a1%25a8)

第1回 fujossy 読切小説コンテスト受賞作品発表

運営スタッフも驚くほど多数の作品が集まった今回の『第1回 fujossy読切小説コンテスト』は、クリスマスというテーマにふさわしく、どれも繊細で美しい物語ばかり!

その中から最も多くの読者投票を集めたのは、秋吉キユさんによる『羨望症ヒットパレード』です。
聖なる夜、失敗続きの少年は、年上の小児科医と出会います。まだ何者にもなれない自分に傷つき、もどかしさを抱えた少年は、年上の彼に翻弄されて…。

そして「fujossy」特別賞に輝いたのは、かけがえのない二人の絆をテーマにした果林さんの『一番大切なプレゼント』
出会いから結ばれるまで、長い時間をかけてゆっくりつもり重なっていく二人の想いが、短編のなかで素敵に描かれています。

この2作品は、声優によってボイスドラマ化が決定!

読者投票
第1位
Small tyohyo
羨望症ヒットパレード秋吉 キユ

「身体つかって俺のこと温めてよ?」夜に出会う、小児科医と✕✕✕見習い

著者コメント
Thumb kiyuakiyoshi

多くの皆さんに投票いただけたことを本当に嬉しく思います。 今作は5000文字前後の短編という中で、攻めと受けのキャラクターがわかりやすいよう、また、起承転結がテンポ良く綺麗にまとめられるよう悩みながら頑張りました。 投稿後、皆さんから「尊い」「萌え」ポイントをたくさん頂くことができて、不安が励みに変わっていきました。 ボイスドラマ化に憧れての応募でしたので「この台詞を声優さんに読んでもらいたい」と妄想しながら、最後まで楽しく書き上げることができました。 受賞は一生の思い出に残るクリスマスプレゼントとなりました。ありがとうございました。

運営コメント
Default man

5000字以内推奨だった今回のコンテストですが、短いボリュームの中で、様々なドラマを描いた作品が多数投稿していただきました。その中でも、読者の皆様から最も多くの投票を集めて1位となったのが、本作『羨望症ヒットパレード』です。 偶然の出会いから始まるクリスマスの夜のドラマを、リズムよく、かつドラマチックに描き切った本作は、読切短編ならではのキレの良さと、爽やかな余韻の残る名作です。短いボリュームでありながら、導入から結末まで、起承転結を考え抜かれた構成の巧みさや、それを心地よいテンポで最後まで読ませきる筆力など、作者の実力の高さが存分に発揮されています。さらにセリフのひとことひとことが印象的で、読んでいるだけで、まるでアニメやコミックのように、そのシーンが目に浮かんでくるようです。 ナイーブで繊細な少年の心と、大人の余裕が重なる瞬間のときめきを、ぜひ皆様もお楽しみください!

fujossy特別賞 読者投票
第2位
Small pink
一番大切なプレゼント果林

僕は誕生日が嫌いだった...嫌いだった誕生日が、今日一番大好きな日に変わる

著者コメント
Thumb matujyun

はじめまして、果林です。 この度は「第1回 fujossy 読切小説コンテスト」にて特別賞をいただきました。 本当に本当にありがとうございます。 そして光栄な事に、私の拙い話をボイスドラマにしていただける事になりました。 夢だったんです、ずっとずーっと。 自分の頭の中だけで描いていた世界が、皆さんに『声』でお届けできるなんて。 こんな幸せな事が起きるなんて、一足早く私がプレゼントを貰ってしまいました。 夢が叶いました。 これを励みに、読んでくださる方が幸せになれるようなお話を更に書いていきたいと思います。 この度は本当にありがとうございました。

運営コメント
Default man

「fujossy」が選んだfujossy特別賞は、『羨望症ヒットパレード』につづく2位の投票を集めた、果林さんの『一番大切なプレゼント』です。 『羨望症ヒットパレード』が、聖なる夜の出会いを鮮やかに切り取った作品なのに対し、こちらは、長い時間をかけてゆっくりはぐくまれた想いが結ばれるまでの物語です。プレゼントをきっかけに始まった二人の物語が、ふたたびプレゼントという絆につながっていくクライマックスは、短編なのにまるで一本の長編映画のような高まりを見せるほど。 ところでクライマックスのクライマックスに描かれるとあるシーンは、ベタといえばあまりにベタなのですが、だがしかし!…その流れでそうこられたら、やっぱりときめいてしまうよね!?というくらい、素敵でした。

第3位

それは奇跡的な必然果林

それはクリスマスイブの夜の奇跡のような必然

第4位

どうか、いつまでも幸せにrondo

電話越しのメリークリスマス

第5位

Christmas✩ magicfuu

一年前のクリスマスにすれ違った想い。友人の応援で訪れたイイ歌バトル。そこで起こった魔法とは…

開催中のコンテスト

fujossyユーザー登録

fujossyのユーザー登録をすると、作品の投稿やコメントなどの機能を使用することができます。

fujossyユーザー登録(無料)

他の作品を探す

fujossyトップページへ