僕の陥没乳首、出してください――そう言って同僚の純朴先生が服を捲るとかさ
9,737リアクション
27話 / 73,652文字 / 80
1時間前 更新
青天の霹靂、 その言葉しか思い浮かばなかった。だって、あの上司が――なんて誰も思わないだろ?
14,461リアクション
110話 / 303,654文字 / 3,621
2019/12/22 更新
君に触れたいって、そう思ったんだ。
7,475リアクション
93話 / 247,615文字 / 3,081
2019/12/17 更新
恋に落ちるまでは、とても簡単だった。 ただ、俺は恋の仕方を忘れてしまっていたけれど。
9,095リアクション
88話 / 244,376文字 / 4,185
2019/12/12 更新
初恋は先生だった。 その初恋を壊してしまおうと思ったのは俺だった。
4,985リアクション
58話 / 149,109文字 / 1,086
2019/12/6 更新
優しくない場所にずっといた君を何より大切にしたいと思うのは、とても自然なことだった。
19,114リアクション
53話 / 137,793文字 / 449
2019/11/28 更新
キスもセックスもあんたから教わりたい。
12,839リアクション
114話 / 291,227文字 / 3,271
2019/9/22 更新
触れたら、温かくて、離れがたくなった。ただそれだけ、のはずだったんだ。
11,070リアクション
86話 / 225,716文字 / 4,135
2019/9/16 更新
あんたの黒猫になりたかった――
9,575リアクション
82話 / 210,947文字 / 2,206
2019/9/13 更新
隣の席のあいつはただのイケメンモテ男子だと思ってたんだ。
1,814リアクション
40話 / 104,562文字 / 914
2019/8/30 更新