タグ「オリジナル」が付いた小説

シリーズ8作目です。二人が長期間離れ離れになります。 それに犬が堪えられるのか?!女王様は?!
3話 / 4,130文字 / 0
20時間前 更新
執着、嫉妬、色んな糸が絡んでもつれ合う。
164リアクション
19話 / 6,510文字 / 0
6/13 更新
【小ネタ集】あの雨の日に『君』に出会った。
19リアクション
4話 / 5,894文字 / 0
6/9 更新
シリーズ2作目です。前作から少し成長した二人の話しです。一緒に生きる覚悟をしてからの後日談です。
790リアクション
24話 / 26,666文字 / 20
5/5 更新
これは短編ストーリーです。順番は特にありません。完結マークなくても読めます。
44リアクション
23話 / 15,748文字 / 20
5/1 更新
ぼくのこと"視えて"いますか?
227リアクション
40話 / 50,224文字 / 17
4/20 更新
連載中
君と俺
これは短編ストーリーです。順番は特にありません。完結マークなくても読めます。
33リアクション
21話 / 8,586文字 / 135
4/3 更新
想いは心に留めておくべきという刑事と、大切な想いは言葉にすべきだというお坊ちゃまのドタバタ恋愛劇。
204リアクション
18話 / 79,539文字 / 0
3/31 更新
ノンケ受け優秀賞 ≪属性固定≫短編小説コンテスト
親友と、飲み会の悪ふざけでキスをした。単なる罰ゲームだったのに、どうしてもあのキスが忘れられない…。
777リアクション
4話 / 4,636文字 / 2,355
3/9 更新
学校近くの公園で本を読んでいた高山は、密かに憧れていた学校一のイケメン・二ノ瀬と出会う。
96リアクション
1話 / 17,603文字 / 34
1/5 更新
親衛隊に制裁されたのに、女王様気質な親衛隊長に一目ぼれ。
104リアクション
113話 / 114,528文字 / 104
1/2 更新
高校生の新田は、いつも授業に出ない瀬尾を教室へ連れ戻す役割になっていた。
28リアクション
1話 / 2,307文字 / 0
2020/12/27 更新
シリーズ7作目です。後輩(攻め)ストーカー×先輩(受け)女王様。バイレンタインネタです。
179リアクション
7話 / 7,931文字 / 0
2020/10/23 更新
シリーズ番外編です。 バンドマン同士のBL小説です。 今回は緋音と同じバンドの猛×雪の話しです。
55リアクション
9話 / 13,009文字 / 0
2020/10/11 更新
シリーズ2作目です。後輩(攻め)ストーカー×先輩(受け)女王様。ちょっとした喧嘩をする話しです。
74リアクション
10話 / 18,205文字 / 0
2020/9/28 更新
【短編】近未来の日本。絵描きの人間と、性的奉仕が仕事であるヒューマノイドが一緒に暮らす話。
5話 / 66,088文字 / 0
2020/9/19 更新
シリーズ6作目です。後輩(攻め)ストーカー×先輩(受け)女王様。二人の絆が少し固くなります。
334リアクション
15話 / 15,019文字 / 0
2020/9/10 更新
連載中
Albino
アルビノ外人×元娼婦アジアン
27リアクション
3話 / 7,275文字 / 0
2020/8/30 更新
同僚と恋する話
234リアクション
35話 / 19,092文字 / 13
2020/8/19 更新
完結
胴慾
シリーズ5作目です。後輩(攻め)ストーカー×先輩(受け)女王様。女王様いじめてます(笑)
235リアクション
9話 / 8,962文字 / 0
2020/8/1 更新

新着ユーザー企画

【書庫企画ルクイユ】【ビッチ受け】作品ご参加ください。

書庫企画【ルクイユ】企画主催のmanaと申します。前回の【ヘタレ攻め】企画から継続し、新たな企画を立ち上げさせていただきます。何か不手際がありましたら申し訳ございません。【企画の...

17作品 あと75日

【書庫企画ルクイユ】【ツンデレ受け】作品ご参加ください。

書庫企画【ルクイユ】企画主催の詩音と申します。前回の【人外攻め】企画から継続し、新たな企画を立ち上げさせていただきます。何か不手際がありましたら申し訳ございません。【...

23作品 あと75日

新着レビュー

『Night And The City』スタイリッシュな大人向けロマンス
「第二回fujossy大賞・春」応募作の中から個人的「推し」を紹介するレビューの第五弾です。これでラストになります。  とあるバーを重要な舞台に、ジャズの曲やプレイヤー、音楽の雰囲気をふんだんに盛り込みながら、美しいバーテンダーを中心に展開するラブストーリーです。評者はジャズの知識もないし酒も飲めないのですが、めくるめくムードに耽溺します。スタイリッシュという言葉がぴったりはまる作品です。 ※拙作でバーとカクテルの場面を書いた時、McCoyさんが知識を補足してくださいました。ありがとうございました。  そしてイケメンが多い! 難があるとしたら、イケメンの数が多いので、もっとはっきりと差異化されるとイメージしやすいかなあ、と。そうすると、好みのイケメンを選べる(笑)。  しかし、個人的「推し」のいちばんの理由は、作者のMcCoyさんがみるみる成長していくところです。作品の初め、後の方、推敲前と推敲後、後で発表された作品と、どんどん上手くなるのをリアルタイムで見ていると、期待が高まります。(プレッシャーをかけてはいません!)  ひとりで静かに大人な作品を読みたい時にお勧めです。

fujossy運営ブログ