タグ「先輩後輩」が付いた小説

祐樹の高校生編「何が知りたい?」「自分が男とセックスできるかどうかを…」
213リアクション
39話 / 33,399文字 / 20
3時間前 更新
Dom/Subユニバースに興味を持った恋人を満足させたくて。
9リアクション
14話 / 31,381文字 / 0
6時間前 更新
連載中
弄月
30歳手前で突然同僚達に性的にモテ始める男の話。
1,353リアクション
192話 / 109,684文字 / 20
9時間前 更新
知らなかったんだ。人を愛すると言う事がこんなに切ないなんて… 運命だけでは、どうにも出来ないなんて…
3,433リアクション
129話 / 276,577文字 / 40
11時間前 更新
消極的で自尊心のない男子高校生・硝子と硝子が好きすぎる世話焼き後輩の謎BL。
8リアクション
83話 / 51,036文字 / 0
21時間前 更新
僕日♡9:正規ルート*サブキャラ編1・強引絶倫後輩×素直になれない先輩
75リアクション
39話 / 76,353文字
10/26 更新
チャライケメン×堅物仕事人間
142リアクション
53話 / 89,512文字 / 60
10/25 更新
R18 全寮制の男子校に入学した千紘とその周りに、様々な試練が降りかかる。
118,655リアクション
873話 / 715,428文字 / 4,701
10/25 更新
幼馴染に恋する少年とその周りの人間の恋愛模様。
1リアクション
143話 / 220,150文字 / 0
10/24 更新
世界的大企業TOKIWAの御曹司、常磐レイラが日本の高校に入学して青春を謳歌する。
11,623リアクション
302話 / 449,428文字 / 40
10/24 更新
俺が必要なら、俺を奪ってよ。大好きなゆきちゃんに仁志は別れを告げた。
1リアクション
53話 / 88,668文字 / 0
10/23 更新
センチメンタルゲイの先輩✕ノンケおばか受。残業からの宅飲みで喰われちゃいます。
6話 / 15,258文字 / 0
10/23 更新
ある日、地獄のような日々から掬い上げられた僕を待っていたのは、今までとは違う地獄の日々だった……。
217リアクション
85話 / 46,064文字 / 145
10/23 更新
色彩が見えない美大生と、賞をとっているのに劣等感を抱え続ける先輩
変人クラブの変態先輩たち×自称ヤンキーのショタっこ
3リアクション
8話 / 5,765文字 / 0
10/19 更新
運命の番に出会えたが、相手に浮かんだのは嫌悪の表情だった
1,463リアクション
57話 / 113,203文字 / 723
10/17 更新
僕はただ‥‥愛した人に愛されたかっただけ
457リアクション
31話 / 42,473文字 / 20
10/17 更新
あやふやな多角関係。年下幼馴染×ひねくれ美人、先輩←後輩、元恋人同士など。ほぼ片想いで終わります。
20リアクション
26話 / 54,840文字 / 0
10/13 更新
出会った美人は、幼馴染でした。
188リアクション
107話 / 47,666文字 / 20
10/11 更新
『君という海を泳ぐ』のスピンオフ作品。晃明と善久の高校時代の、善久の切ない恋のはじまりのお話。
6話 / 8,626文字 / 0
10/10 更新

新着ユーザー企画

《連載ご一緒にいかがですか?2020~秋ノ期~》参加後、最低2回更新すればOKのご執筆応援企画🍁

■企画概要をご覧頂き有難うございます主催の化景 吉猫(カケイ キツネコ)でございます本企画は、「あなたも季節連載やってみませんか?」という主旨の 連載体験&ご執筆応援 企画 ...

51作品 あと33日

【主人公攻め】作品を満喫しよう!

はじめまして、千の一と申します。主人公が受けという作品は多いけれど、主人公が攻めの作品はそれほど多くないように思います。そこで、主人公攻めがお好きな方はもちろん、普段はあまり主人公攻...

54作品 あと3日

新着レビュー

幼子が最愛の人を奪われ、過ごすこととなる激動の日々(コメント欄へ続く)
【物語は】 主人公がある理由により、義兄にマンチェスターへ連れてこられたことより始まる。そこで出逢った女性こそ、主人公の人生を左右することとなる。一部では、義兄よりその女性へ、主人公が何故にここへ来ることとなったのか、その境遇が語られその後の人生は、二部により、恋人との会話によって語られていくこととなる。母が確かに望んで産んだ子供であり、愛されたものの、他の大人たちによって母子は引き裂かれ、幼子は受けるはずだった母からの愛情を受けることなく、成長していく。涙なしには読むことの出来ない作品である。 【早熟な精神】 幼いながらに、必死で母を守ろうとした主人公は子供ながらに、子供とは思えないほどの頑なさを秘めていた。本来なら、のびのびすくすく育つであろう年ごろに、自由を奪われる。大好きな母に会うことすら出来ない日々。義兄は後から後悔することになるのだが、二人を守りたいと願いながらも、段々と自分の事情で手一杯となっていく。しかし、誰が彼を責めることが出来るであろうか。親であるはずの父は何もせず、その身勝手さに、憤りを感じぜずにはいられないであろう。 【物語の構成】 一部では、女性と兄の会話で、境遇を語ることに案るのだが、気づけば物語に深く入り込んでおり、二人の会話からいつの間にか回想へ入っていく様がとても滑らかで、まるで目の前で見ているような錯覚すら起こす。文化的などもとても詳しく書かれており、(例えば服など)今自分が日本にいることを忘れるほどに、トリップすることが出来る作品だ。 【それぞれの愛の在り方】 この物語には、様々な愛のカタチがある。恋人同士の求め合うようなものもあれば、母が子を一心に守ろうとするような自己犠牲の愛、許されない関係もあるし、冷めきったもの、無関心なものなど。それが複雑に絡み合い、主人公の人生を波乱に巻き込んでいく。信じられるものは本当に自分のプラスになるような人間だけ。周りは敵だらけという境遇で育った主人公に恋人がいたことをし、ホッとしたりもする。

fujossy運営ブログ