29 / 61

第29話

夕陽side リョウさんの部屋に着くと、ドアをノックするのを躊躇ってしまった…。迷惑だったかな…… そう思って、どうしよう。そう思ってたら、 稔さんがノックをしてくれてて…、ドキドキしてきちゃった…。 「……なんだ、稔。何の用だ?」 「私ではなく彼ですよ。貴方に会いたくなったみたいにで、送ってきました」 「ぼく、めいわく…?ごめんなさい……」 「なるほどな。ありがと、稔。ユウ、中入って全然迷惑じゃないしな」 リョウさんは稔さんの頭を撫で撫でしてた。 その後、僕の頭も一緒に撫でててくれた。 なんでただろ、ドキドキして顔が熱くなる…。稔さんは用があったみたいで、またねと手を振って帰っていった。 「稔と行為したのか?」 「うん……。でもね、きもちくなかったの…。それでね、リョウさんにあいたくなっちゃた」 「そうか。なら、行為するか?」 「…うん」 前とは違うドキドキ、胸が痛くなっちゃう…。顔が熱くて、ぎゅっと抱きつきたくなった。 「おすわり…」 「…んっ……」 「いい子。ぎゅってする?」 「うん…」 なんで分かったのかな……。不思議に思いながらも、リョウさんに抱きついて…。ウトウトし始めてしまって…。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!