78 / 79

第78話

陵樹side ユウと仲直り出来た。ほっと一安心したが、ヨルとはまだ仲直り出来てないからか、ちゃんと仲直りしたいなぁ…。今日はきっとユウだけだろ。明日ならやると少し話せるかな…。 そんなことを思いながらお風呂から出てくるのを待っていると、声が聞こえてきた…。 「… 陵樹さん。…助けて……」 ユウはお風呂の途中で限界が来たのか、声を聞き駆けつけるとぐったりしたヨルがお風呂に浸かっていた…。 「…っ!?ヨルか…?どうした?」 「逆上せて…、身体…、上手く動かない……」 逆上せすぎて酷い目眩がするのだろう…。動かなくなってしまっていた。抱き上げ少し体を冷やしてあげる。人に甘えたり助けられたりが、苦手っぽいヨルは複雑そうな顔していた…。 「大丈夫か?」 「…ぅん…。みず…」 「ほら、飲めるか?」 「……飲ませて」 甘えさせてあげると、すごく不機嫌そうな顔…。それでも抵抗しないのは、それだけ具合が良くないのだろう…。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ずっと俺だけを見て、離さないで。俺だけのあなたで居て。
397リアクション
124話 / 207,639文字 / 360
2018/10/16 更新
お互い依存して生きていくしかなかった。
294リアクション
14話 / 9,365文字 / 58
2018/12/22 更新
狼族の獣人と、異形の化け物の物語。2人が双子で生まれた意味とは……。
1,899リアクション
42話 / 154,002文字 / 994
2019/7/10 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の想いは、届くのか?
1,797リアクション
66話 / 48,893文字 / 213
20時間前 更新
だから、俺はこの古典の先生、佐伯が嫌いだ。
6リアクション
1話 / 19,071文字 / 0
1/5 更新
マフィアのボス×その日暮らしの男娼の、どえろいピュアストーリー
68リアクション
15話 / 16,660文字 / 0
13時間前 更新