10 / 299

第10話

それを聞いた瞬間、翔平の手先がピタッと止まった。 俺は手に汗を握る。 やっぱ、引いたよね。 でも翔平はパッと顔を上げて素っ頓狂な声を出した。 「ヘェー!それで?」 俺はズッコケそうになった。 その間抜けな返事。どうにかならないものか。 「それで?じゃあらへんよ!意味分かってる?」 「え?意味?分かるけど……好きな男がいるから、協力しろって事?」 「ち、違くてっ、俺は女やなくて男が好きなんだって話!ただそれだけ!」 「ああ、そゆ事。はいはい、了解でーす」 そう言うと再度枝豆を剥き始めた。 分かってるのか分かってないのか、その適当な返事を辞めなさいと店長に怒られていたはずだ。 「……驚かへんの?」 「え?うん、別に。だって恋愛の形なんて自由じゃん。俺、今までいろんな人に会って来たけど、マジで十人十色だよ。俺がとやかく言うアレじゃ無いし、修介は修介だし」 大学でつるんでいる友達と同じ事を言われて、俺は不覚にも目頭が熱くなった。 こんなに良い友達と出会えて、本当に良かった。 「はっ!ちょっと待って!」 翔平は何かに気付いたように枝豆を放り投げた。 「ごめん。俺はさとみちゃん一筋だから。修介の気持ちには応えられな」 「大丈夫や。翔平の事はタイプじゃあらへん」 「あ、そうなの?彼女元気?って聞いて来たから、嫉妬してんのかと思ってた」 「してへんしてへん」 俺の告白を聞いて、翔平が今まで会った中で一番動揺しなかった。 やっぱり翔平ってなんだか変な奴だけどいい奴。そう思った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!