19 / 320

第19話

「ありがとう。また会いたいな。今度ゆっくり飲もうよ」 景はスマホをバックに仕舞うと、二次会へ行く友人達に連れられて行ってしまった。 ファンサービスするみたいに、手を振りながら。 「あ、うん。じゃあまた」 社交辞令だろうな。そう思いながらも、俺も笑顔で手を振り返した。 景達がタクシーに乗り込むのを見届けると、途端に辺りは静かになった。 さて。 俺はこのヘラヘラした酔っ払いを自分の家まで持ち帰らなければ。 「ほら。翔平。俺んち泊まってええから、家まで頑張って歩ける?」 「えっ!泊まっていいの?いえ〜い!」 翔平は泊まりだと聞くと、俺の体からパッと離れてスキップをし始める。 急にテンションが上がっている。謎だ。 「ねぇ、景と喋った? マジイケメンでしょ?」 翔平は赤い顔でまた俺の顔を覗き込む。 俺は景の手のひらを思い出した。 頭に置かれた景の手。 大きくて、暖かかった。 「そりゃあな。今まで会った中で一番カッコええで。でもな、いきなり俺の頭撫でてきたんやで?さすがモテる男は違うわ。あんなんするなんて、遊び慣れてる証拠やわ」 「え? 別にいいじゃん頭撫でるくらい。修介チビだから撫でたくなったんじゃねぇの?」 「チビ言うなっ!」 「また景の休み取れたら、みんなで集まろうねぇ〜」 「……うん。そやね」 景はなんで俺の連絡先なんか聞いて来たんだろう。 やっぱり好感度上げるために、いい顔見せたいのかな。 超絶忙しい彼から連絡なんて、あるわけないけど。 「コンビニで酒買ってこ〜?」 「はっ?!まだ飲むんか?!あかん!」 まるで夢のような1日は終わった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!