36 / 298

第36話

『修介、そっちの調子はどう?翔平、迷惑かけてない?』 「あはは。大丈夫。今日は飲みすぎ注意やでってちゃんと言うたから」 景はいつもの調子で俺に話しかけてくれる。 まだ仕事中だけど、合間を縫って電話を掛けてきてくれたらしい。 少し酔いもあるから、そんなに可笑しくもないのに声に出して笑ってしまう。 嬉しかった。こうやって電話してきてくれて。 本当はここにいてくれたら、もっと嬉しかったんだけどな。 数分話した後、電話を切ってくるりと翔平の方に体を向き直した。 すると翔平は、まるで獲物を捕らえようと陰でひっそりと佇む動物のように、目を細めて俺の事をジッと睨んでいた。 「な、何?」 その顔に耐え切れず吹き出しても、翔平はその表情を崩そうとしないから、俺も何故か同じような顔を作って、ググッと二人で睨み合った。 そのまま膠着状態が続く。 何馬鹿な事してるんだろうと思いながら続けていたら、翔平はパッと真面目な表情を作った。 「お前、景の事好きでしょ?」 なんでそんな事を訊くのにあんな怖い顔をしていたのか。 「……うん、好きやけど?」 「ちげー!友達としてじゃなくて、恋愛してるって意味でだよ!」 「……は?」 「景と話してるお前……なんかお花とかハートとか飛び散ってたぜ。恋する乙女のように」 「……はっ?!」 俺は思わず素っ頓狂な声をあげた。 なんだかとんでもない事を言われている気がする。 俺、そんな風に見えていた?何故? ではここで、最近の俺について少し考えてみよう。 こうやって電話が来るとパッと気分が良くなるし、無かったら景の事をなんだかずっと考えてモヤモヤしてしまう。 テレビや雑誌で彼を見る度に胸が軋んで、会える日を心待ちにしている自分がいる。 スマホで景の動画を探して観るのが趣味になって…… とりあえず、今の俺は全部景で出来ている。 ……あれ、こういうの、何て言うんだっけ? 「あ〜あ。好きになんなよって言ったのに、好きになっちゃったねー」 翔平は茶化すように言うから、カッと体が熱くなる。なんだか指先も震えてきた。 俺は薄笑いを浮かべながら首を横に振り続けた。 「……なってへん……なってへんで〜?!」 咄嗟に、日本酒が入ったお猪口を持ち上げて、満タンに入った液体を一気に体の中に流し込む。 「あーあ。ムキになってんじゃんよ。認めろよ」 「いや、違うねん。この好きは翔平と同じみたいな好きで……いい人やから好きとかの好きで……決してどうこうしたいって訳じゃ……」 ブツブツ言って自分に言い聞かせるけど、そんなの嘘だ。 だってさっき電話の最中に思ったではないか。 このままこれからも、この人と一緒にずっとこうしていたいって。 アルコール度の高い酒を一気に飲んだせいで、頭と体がだるく、視界が霞んでくる。 心臓がバクバクと言って、手の平をおでこに押し当てて冷まそうとするけれど、顔も手も同じくらい熱を持って、火傷しそうな程だった。 翔平はもう何も言わず、俺の一連の行動を静かに微笑んで見ながら、レモンサワーを飲んでいた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!