113 / 117

第113話

彼は俺に戸締りを託し、資料室から出ていった。 彼を見送ってしばらく。 「…ハーーーッ!!」 俺は、息を吐いてその場にしゃがみこんだ。 「……マジかぁ。……コレ、夢じゃねーよな…」 まさか……自分の思いが通じるなんて。 でも、確かにこの手に彼の感触が残っている。 幼馴染み(アイツ)を好きだと自覚して、自分の恋愛対象が男だと認めて、周りとは違う自分のセクシャリティを受け入れた。 だから、"普通"の恋愛は諦めていた。 誰かを好きになっても、自分と同じセクシャリティでなければ、相手に伝えることさえはばかられる。 もし伝えれば、それ相応の代償を負う。 そう考えると、きっとこれからの人生、消化できない思いが何度も続くんだと思っていた。 けど、それは違った。 "普通"に彼に恋して、"普通"に彼のことで悩んで、"普通"に彼を傷つけて。 そして、"普通"に玉砕するかと思っていたら、奇跡が起きた。 そのどれもが、男女で起こるそれと変わりない。 自分が認められたような気がした。 そのままの俺でいいんだと。 そう感じることができたのも、全て彼のおかげだ。 彼が自分を好きになってくれて、本当… ――っくしゅん―― …ん? くしゃ、み??
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!