5 / 7

5

「ほら」 「あ!」 姫の手を取り、熱く勃ちあがった雄の象徴に触れさせた。華奢な手が怯えて震える。 「俺のも触ってくれ」 「や、や………こんなの!」 両手で勃起した二人のペニスを握らされて、姫は羞恥に真っ赤になり俯いて首を左右に打ち振った。 「じゃあ、尻に入れていいか?」 「嫌だ! 絶対にいや!」 「俺らをイカせてくれたら終わるから。イイ子だからちゃんと握って扱いてみろ」 めちゃくちゃな言い分だとは分かっちゃいるが、どうにも止められそうにない。 「………う」 おずおずと握って、ゆるゆると扱き始めた。 ………たまんねぇな。 俺と西大路の息が荒くなる。 細い指がゆっくりと動き、先走りの汁が濡れた音を立てた。 「イイ子だ」 俯いたまま、一生懸命に手で扱く姫の顔を西大路が上げさせた。 「千尋。口開けてみろ」 姫はビクッと体を震わせたが、西大路の強い視線に諦めたように唇を開いた。 もう逃げられないと思い知っているのだろう。 「う、ん」 僅かに開いた唇に、西大路がペニスの先を擦りつけた。 「舌出せ」 可愛らしい唇から、ちろりと赤い舌が覗いた。西大路の野郎に先を越されたのは腹立たしいが、姫のフェラ顔はヤバかった。 「ん………ふぅ………ん、ん」 舌に擦り付けるようにして、ゆっくりと先端を含ませる。姫はキツく目を閉じて、従順に口淫に応じていた。 「ああ。すごくいい………」 西大路が気持ちよさそうに息を吐いた。 「ん………ちゅ………ちゅぶ………ん、むぅ」 長い睫毛を震わせて、男のモノを頬張る表情はたまらなかった。 「ほら。こっちも舐めてくれ」 優しく頭を撫でて、今度は俺の股間へと導く。ちゅ、と音を立てて西大路のモノから口を離して、俺の方を向いた。 「舌を出して、舐めあげてくれ」 「………ッ!」 姫は一瞬、悔しげな顔をしたが舌を出して、俺の男根を根本から舐めあげた。 「エロ………」 「………ぅ……ふぅ………んむ」 「千尋、手が休んでるぞ」 西大路に促され、姫はゆるゆると手を動かす。そして、俺のペニスを口に含んだ。 「んっ………んっ………ん、ぶ………う」 ぎこちない手つきで二人の男根を扱き、必死に口で奉仕する姿に益々硬くなってしまう。 「ん!………ぷぁっ………あ………」 「ほら。こっちも」 「あぅ………んむ、うう……」 たまらず俺のモノから口を離すと、今度は西大路のモノを口に含まされていた。 「ヤバいな………エロすぎだろ」 姫は健気に交互にフェラをして、俺と西大路のモノに奉仕し続けたが……… 「ん、ん……むぅ………あっ」 ちゅぽっと咥内から男根を抜いた。気持ちもいいし、興奮する。 が、慣れない口淫ではイケそうにない。 千尋を再びベッドに仰向けに寝かせた。 「やっ、なに?」 ちゅ、ちゅ、と頬や首筋にキスを落としながら言った。 「悪いな、姫。気持ちいいが、口じゃイケそうにない」 「え………」 西大路が華奢な胸に掌を這わせながら囁いた。 「どっちに抱いて欲しい?」 「な、なにを」 姫が戸惑ったように聞き返す。 「分かるだろ? もうこのまま、お前を帰してやれねぇんだよ。どっちに抱かれたい?」 「いや! 嫌だ! どっちも嫌っ………離して!」 意味が分かった姫がもがきだしたが、二人でやんわり押さえ込む。 「やっだ!………も、帰して! お願い、お願いだから、いやだ! もう嫌!」 「お前だって、こんなんなってるだろ?」 「ああっ!」 口で奉仕してるうちに姫のペニスも勃ちあがり、いやらしく濡れていた。くちゅりと握りこんでやる。 「や、やぁあ、ゆるしてぇ………お願……ゆ、して………あぁあ」 「駄目だ。許してやらない。選べ」 「そんなぁ…………う、ひっく………うぅう」 泣きだした姫に尚更欲情した。 嫌だ嫌だと首を振っていたが、やがて諦めたように啜り泣きを漏らした。 「こんなAV男優もどきはやめとけ」 西大路が姫にキスをしながら口説いている。俺は横から姫の顎を掴んで、その唇を奪った。 「んんっ」 情熱的に舌を絡めて甘く囁く。 「俺にしとけよ。優しくするし、気持ちよくしてやる。責任も取る」 「い、いんちょ………」 「セフレとは別れるし、お前一筋になる。俺にしろ。こんな始まりだが、大事にする。二度とこの馬鹿には触らせない」 こんな状況で何言ってんだって感じだが、本気だった。西大路が呆れた表情で俺を見た。 「わ、かった」 姫が小さく頷いた。 ちゅ、と軽くキスを落として、姫の脚の間に移動した。西大路はため息を吐いたが、邪魔はしなかった。 「あ………」 華奢な両脚を抱え上げて、ヒクつくアナルに熱い雄をひたりと当てる。びくりと姫のつま先が跳ねた。 「や、待って! 無理っ………そんなのっ………ひ!」 「悪い。待てない」 ぐっと腰を押し進めた。 「あ! 嫌だっ、無理だよぉ………やぁああ!」 暴れる姫の両手を上げさせて、西大路が一纏めにした手首を掴んだ。 「諦めろ。お前、めんどくさい男を選んだんだぞ」 「そんなぁ………嫌ぁ………あ! あ!」 ずぶずぶと姫の処女の後に強直を埋めてゆく。熱くて、キツクて、堪らなかった。 「あぁああ─────ッッ!」 ゆっくりと最奥まで穿つ。 姫は白い肢体を桜色に染めて、大きく背をしならせて甘く鳴いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!