18 / 25

執事

あれからまた時間が経った。 あの後、佐伯がご飯を持ってきてくれた。 けど、食べる気にはならなくて… 結局下げてもらった。 「愛斗様、入浴の準備が出来たのでどうぞ。」 「ねえ、佐伯…」 「何でしょうか。」 「…千晶さんは?」 「千晶様は自室でお休みになられていますよ。お呼びしましょうか。」 「……いい…」 そう聞いて胸がさらに苦しくなった気がした。 俺なんかもう必要ないんだ。 俺のことなんか全然気にしてないんだ。 そう無意識のうちに、今までとは明らかに違う感情… 誰かに必要とされたいという思いを描いてしまっていたのだった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

工事現場で見つかった遺体は、東城が以前事情聴取をした人物だった。
854リアクション
62話 / 62,494文字 / 442
2017/10/24 更新
完結
藤花
絵師(年下)と、和やかで天然(年上)
54リアクション
20話 / 16,473文字 / 75
2018/3/4 更新
人気声優×平凡社会人
9リアクション
15話 / 10,023文字 / 80
2018/7/5 更新
22リアクション
4話 / 2,100文字 / 76
5/22 更新
目が奪われたあの一瞬から、あの人との時間が始まった。
21リアクション
6話 / 9,265文字 / 40
5/25 更新
教会で傭兵に犯される神父
1話 / 2,592文字 / 0
5/30 更新