18 / 25

執事

あれからまた時間が経った。 あの後、佐伯がご飯を持ってきてくれた。 けど、食べる気にはならなくて… 結局下げてもらった。 「愛斗様、入浴の準備が出来たのでどうぞ。」 「ねえ、佐伯…」 「何でしょうか。」 「…千晶さんは?」 「千晶様は自室でお休みになられていますよ。お呼びしましょうか。」 「……いい…」 そう聞いて胸がさらに苦しくなった気がした。 俺なんかもう必要ないんだ。 俺のことなんか全然気にしてないんだ。 そう無意識のうちに、今までとは明らかに違う感情… 誰かに必要とされたいという思いを描いてしまっていたのだった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!