113 / 119

第113話〜熱〜

な、何だこの熱は…!? 急いで体温計で測る。 ………39度!?高!! びょ、病院??いやその前に南に…あっ、タオルを濡らして…! 「ん、ハル…」 「あっ南!」 良かった。意識はあるみたいだ。 でも、なにか… 「ハ、ル…僕…あの時見たの…」 「見た?…って、なにを?」 「あの時の目は……怒ってた…ぼ、く、ちっちゃい頃から…ずっと見てたから、そういうのわか、るの…」 「どういう意味…?」 「すぅ…すぅ…」 寝た!!!!!!! 誰だ? 怒ってた?俺に? そんなやつ俺の身の回りに………………… 優? いや、いやいやいや… なんでそこで優が出てくるんだ… おかしいだろ。俺は優が嫌いなのか? ………今まで従兄弟として接してきたけど、嫌なところはあるが嫌いじゃない。 ならなんで… あぁ。最近2人になにかあったかもしれないから。 少し、様子を見てみるか。 どうせ優に聞いてもはぐらかされるし南は言いそうにないし…  兎に角、今は南の熱を下げること。 食欲はあるだろうか。 また意識を取り戻した南に聞く。 「南、お腹空いてる?」 首を横に振る。 でも軽く食べといた方がいいだろう。 「おかゆ…はいける?」 「うぅん…無理かも…」 「うーん。あ、りんごのすりおろしは?」 「………食べたい」 「了解」 食べられるものがあって良かった。 急いでりんごを買いに行った。ついでに薬も。 家に帰ってすぐりんごをすり下ろす。それはもう凄い速さで。おかげで腕が痛いが… 「南、起きて。はい、これ。あとこれ薬と水な。」 起きて林檎のすりおろしを食べる南。 だるいのだろう。 半開きの口に掬ったスプーンを無理やり突っ込んでる感じだ。 「そんな無理矢理…りんごは後で、薬だけ飲んで寝ていいよ。」 「…やだ。ハルの料理残したくない。」 いや残すじゃなくて後にするだけなんだけど… けど南は真剣だし、まぁ…そのまま見守る事にした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!