15 / 23

14《潮吹き》

「ぁ、っあ、ィっ…ァあ!」 太い塊が胎内を埋め尽くし、奥の奥まで押し込まれ… 身体を激しく揺さぶられて…イき過ぎて意識が遠のくような感覚すら感じてしまう。 身体を支えるラウの腕をぎゅっと掴み、与えられる快感の波に悶えながら流されていく。 絶頂が近づき、アサトの前を手の平で擦るように扱き始めるラウ。 「ァっ、ソコ、だめッすぐイキそ、ッ、あァ!」 カラダ全部敏感になっていて、少しの刺激でビビュッと白液を散らし達してしまうアサト。 「んッ、アサトっハァ」 ラウはぎゅっと締めつけられ、イきそうになるが、堪えつつ、イッたばかりのアサトの前をさらに手の腹で擦り続け、ぐちゅぐちゅばちゅんばちゅんと後ろの動きも加速させていく。 「ァッ待って、ゃ、擦ッ…ぁ、そこっまた、出そうッ、ぃや…ァ、あぁァーッ!!」 ビクビクンと激しく痙攣しながら、衝動を抑えられず今までで一番勢いよく、煌めく液体を撒き散らした。 「ッ…くッ、ぁァッ!」 躍動する様に締めつけられ、なんとも言えない快感に、ラウも低く声を漏らし、熱く息をついて、二度目がアサトのナカに勢いよく弾け出す。 「っ、ぁ、ハァ…ハァ、」 新たなラウの精液で満たされる胎内… 「アサト…」 ひくひく細微に痙攣する胎内を味わいながら… 再びあぐらをかいて座り直し、その愛しい人を抱き寄せる。 お互い全力疾走したあとのように息遣いは荒く、唾を飲み込みながら、精を放った余韻を味わう。 やや放心状態のアサト… 「アサト?」 「…ん、大丈夫…なんか、凄かった…ハァ、」 「すまん、少しやり過ぎたか?気持ち善くて止まらなくなった…」 身体をさすりながら、反省気味のラウ。 「…平気、ラウが気持ち良かったなら、嬉しいし」 首筋の毛並みを撫でながらそう微笑む。 「アサト」 「これで、ラウを満足させてあげれないなら、ツガイにはなれないし」 ツガイは一生のパートナー、エッチの相性も大切だ。 「アサト、そんなことを考えなくても」 「だって、ツガイになったあとαに見限られたら、Ωは惨めなものだから…」 簡単にツガイになれない理由の一つ、Ωは一度噛まれればそのαの為に身体が変化する。一生そのαだけを求めるようになるけれど、αは心変わりすれば別のΩとツガイになることもできる。 一度噛まれたΩは二度と他のαと(つが)うことは出来ないから…。 「アサト、俺の想いは、そんな簡単なものじゃない、絶対に見限ったりしない、安心して欲しい」 優しく身体を舐め綺麗に拭いながら、そっと見つめて囁く。 「ん、ありがとうラウ」 「…アサト」 「少し寝ていい?」 激しくイったせいか、強烈な睡魔に襲われる。 心地よいラウの温かさに包まれ、眠りに誘わられる。 「あぁ、ゆっくり休め」 そう抱き寄せ、髪を撫でながら可愛すぎるアサトを優しく見守る。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!