137 / 221

第138話(第6章)

「真実を申し上げますと、私の両親が片桐家へ抗議の書簡を出すのがここ二三日の間なのです」  急かす様で申し訳無かったが思い切って申し上げた。 「道理で柳原さんはあんなにお急ぎだったのですわね。分かりました。何とか致しましょう」  決断を秘めた瞳で絢子様は仰って下さった。  この御方はお力に成って下さる。後は片桐に逢いに行くだけだと思った。  彼の様子を見ない事には余計心配は募る。  進展が有った以上、彼の元に忍んで行って、少しでも心痛を取り除きたかった。  絢子様の御言葉を有り難く受け取って屋敷に戻る。  母は何くれと無く聞いて来たが、適当に返事をしておいた。特別な言葉など無かったと。あとは、絢子様が動いて下さるのを待ちつつ、片桐とつつがなく逢える様にする事で頭は一杯だった。もう数日、時間が稼げれば事態は好転するだろう。  それまでに出来る事と言えば、片桐邸に無事忍び込み、彼の様子を直接見たいと思って居た。彼も随分無理をしている様なので、少しでもその心を慰めたかった。  いよいよ、宮城での晩餐会の日が来た。その日の為に華子嬢と手紙で打ち合わせ、裏門の目立たない場所に信頼出来る女中を立たせて置くという事に決まって居た。滋養の有る食事の用意も出来て居るとの事だった。  やはり彼は食事を摂る事がないらしい。家族も皆心配しているとの事だ、勿論使用人も。  その様子を手紙で見るにつけ、必ず片桐の元に行かなければとの想いが深まる。片桐は家長代理としての務めは何とか果たして居るものの、それが限界らしい。  自分の屋敷の様子をそれとなく観察したが、マサを始め両親のお気に入りの者達は宮城へと向かった。この分なら大丈夫だろう。自分が柳原家の令嬢と御見合い――と両親は信じている――をした事と、絢子様からの御招待が有った事で、少しは監視の目も緩まった様だ。両親が車に乗って宮城へ向かうのを見極めていた。  その後、シズさんがこの日の為に仕立てて呉れた、生地は上質ではあるものの、少し見ただけでは普通の平民が着ているのと同じような白いシャツと黒いズボンを身に着けた。髪もいつもと違う形に工夫してみた。この感じだと夜目では自分だと分からない知り合いも居るだろうとの計算だった。  華子嬢の手紙に寄ると、今日の片桐の務めは夕食前には終るらしく、それも都合の良い事だった。  シズさんの見送りを受けた。彼女も少し緊張した面持ちだ。  心は既に片桐の元に飛んで行ってしまった様な錯覚に陥りながら、彼の屋敷に徒歩で向かった。元よりタクシーを使う程の距離ではない。  片桐家の裏門に人待ち顔の女中が立って居た。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

売れないバンドマン・自由(みゆ)はある夜、全く知らない年上の男に拾われて──
187リアクション
28話 / 49,519文字 / 308
2017/4/28 更新
連載中
ぺーる
SS詰め
3リアクション
3話 / 3,264文字 / 0
2017/5/11 更新
あなたは運命に従いますか?
19リアクション
7話 / 20,165文字 / 60
2017/10/23 更新
ヒューマンドラマ風ML [年下探偵×童顔管理人]
1,522リアクション
211話 / 211,237文字
2018/8/14 更新
落ちこぼれ男娼アオキの再教育相手は決して惹かれてはいけない相手だった
2,927リアクション
47話 / 73,442文字 / 1,933
2019/7/4 更新
精神科医×虐待を受けている高校生のお話。
358リアクション
38話 / 25,691文字 / 385
2019/3/14 更新