12 / 20

第12話

不意に歩みが止まった。 目を覆っていた手のひらが離れていく。 「すみませんでしたぁっ!!!!」 ゆっくり目を開けた俺の視界に入ってきたのは、人の頭だった。 「...へ?」 呆気に取られ、状況が理解できないまま辺りを見渡すとホームの端っこの方に居て、周りに人はほとんど居ない。 降りたことのない駅で、見覚えのない場所だった。 目の前の男の頭を見る。 ...あれ?もしかして... こちらにツムジを見せる男の頭をじっと見る。 まさか。まさか。...まさか。 どことなく見覚えのある男の、まさかの正体に心拍数は上がっていく。 「...渋、谷?」 かすれた声で名前を言うと、弾かれたように顔を上げ...今にも泣きそうな、困った顔をした渋谷がいた。 「...な、んで...?」 じゃあ、俺に痴漢していたのは...渋谷? 女装させて、デートだなんて甘い事言って...俺をからかっていたの? ポロリと見開いた大きな瞳から涙が零れた。 「...っ!!ご、ごめん、ごめん、きぃ、ごめん!!」 泣き出した俺に、渋谷は苦しそうに顔を歪めて俺に触れようとした。 「やっ...触んなっ!!」 その手を払い除け、渋谷を睨む。 悲しいのと、悔しいのと、訳が分かんないのとで頭がいっぱいで涙は止まらない。 「...きぃ」 涙は止まらないし、渋谷を睨むことも止めない。 泣きそうな渋谷。 泣いている俺。 なんだ、これ。 「...きぃ、俺、あの、」 渋谷が1歩、俺に近づく。 それだけで、いつもはもっと近い距離にいたのに、それだけで体がすくんだ。 「...なん、だよ、...」 怖くて、自分の体を抱きしめながらも口からは強がりな言葉が出てくる。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!