108 / 111

小話

     *   *   * 「……」 〝んんぁっ……!?あ、うんっ……はげしぃッ、あゆむ、あゆ、んぅ……!〟 〝んー?トモくんのナカ、ぎゅうぎゅうしてていいねっ〟 〝ぐじゅぐじゅっ……おと、やあだ……っ、あ、ん、ちくびも、やっ……!〟  プレイヤーソフトで再生されているのは、逆さまの動画。  向きが向きなため酔いやすいものになってしまった、動画。 「ちょっと雰囲気あるぞ、これ……」  それに不覚にも勃起してる俺がいる。  まるで隠し撮りみたいな、カメラがひっくり返ってて角度はめちゃくちゃでも、チラチラと見える俺と友樹の行為が最高に興奮する。  イヤホンで流れてくる喘ぎ声も、自分のものが混ざってて羞恥心があるものの、そこは我慢だ……!  これ、イケるぞ――隠し撮り!  さっそく悪い癖が出つつも俺はスマホを取り出して、ある友人に連絡。友人といってももう二年……いや、三年も連絡取ってないが、大丈夫だろう。 「……」  電話のコール回数が多い。でも繋がっただけ奇跡だな。  いつになっても女の無機質音が流れるわけでもなく飽きずに、プルルルルル――と鳴り響く。  もう一回、もう一回で出なかったら終わりにしよう、と儚い興味が崩れそうになる中、 「――もしもし?」  キター! 「もしもし!?新垣?」  かなり興奮気味で声を出してしまった。 〝新垣〟という名の男も驚いているのか、引き気味な挨拶で俺の名前を呼んでくれる。  覚えてくれてて良かった。 「新垣ってさ、カメラについて結構語ってたよな?」 『ちょっとでいい、小型なカメラだったらどんなのがいいか、教えてくれないか?』  大丈夫、大丈夫!  ここは素晴らしい世界だ!  曖昧に言葉を交わしとけば救われる世界だから!  安心しろって! 「例えば本棚のネジ辺りに埋め込めるような感じとかさ?」  耳元で聞こえてきた『そこまでの小型なカメラ?……あるにはあるけど――』という声。  男子高校生の好奇心はハンパないぜ。それも、ピンク系なものはとくにな! * 木下 歩の性癖覚醒E N D *  
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!