15 / 306

⑭16歳。はじまりは突然で…。

 ……ふ~ん。そっか、見合いの相手は俺で決まるのか……そっかそっか……。 「…………」 「…………」 「…………」  ――って、違うだろっ!!  だから勝手に決めるなよっ!! 「ちょっと待てよ3人とも!! おかしいだろ? 俺は男だぞ? でもって相手も男! もしこのことが先方にバレたらどうするんだよ? 華道の家柄なんだろう? いいところのお坊ちゃんなんだろう? マズいんじゃないのか?」 「まあまあ、細かいことは気にしない気にしない。男は諦めも肝心だぞ?」  父さんは怒る俺の肩をポンポンと軽く叩き、(なだ)める。  その行為が俺の神経を逆撫でする。  ――いや、そこは気にするだろう!? 簡単に諦めるなよっ!!  しかも、ぜんっぜん細かくないし!!  根本的なところだ。  というか、気にしようよ父さん!  これはさすがにダメに決まっているだろうがっ!!

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

白の帝国軍に攻め入られた黑の國。騎士の雪蘭は捕虜として囚われ、褐色の王子の慰み役となってしまう。
2リアクション
7話 / 7,930文字 / 0
2019/12/30 更新
中学時代の地獄から救ってくれた君は、僕の救世主。
13リアクション
8話 / 8,143文字 / 59
2018/3/14 更新
MMORPGのチートNPCに執着され嫁認定されました。超美形騎士(変態)×平凡黒魔導師の愛の攻防戦!
48リアクション
22話 / 48,224文字 / 83
2019/2/3 更新
知る人ぞ知るHレンジャー話
110リアクション
6話 / 8,624文字 / 199
2019/5/20 更新
狂愛かつ溺愛故にこのオフィスラブ·····危険注意報!
1,329リアクション
16話 / 24,169文字 / 79
2019/9/8 更新
友達だと思っていた。 樹が突然、僕を避けるまでは──
38リアクション
10話 / 9,907文字 / 0
2019/11/17 更新