16 / 306

⑮16歳。はじまりは突然で…。

 だいたい、祖父さんの命の恩人にそういうことやっていいわけ? 「大丈夫、大丈夫。絶対に亜瑠兎が男だって、バレないから。だってほら、自分の顔を鏡でちゃんと見てみな?」  花音は自信満々で持っていた手鏡をかざしてきた。  鏡に写っているのは、花音とほとんど同じつくりをした俺の顔だ。 「長いまつげに、すっきりとした目鼻立ち。日焼け知らずの白い肌に、黒い真珠のような肩まである髪。 この、ほっそりとした体は、あたしの服だってきちんと袖を通すわよ? ほら、何も言うことないじゃない」  ああ、本当だ。  俺って綺麗……。  じゃ、なあああああいっ!! 「何が、『ほら、何も言うことないじゃない』だっ!! 言うことありまくるわっ!! 3人ともふざけんなよっ!!」  ――誕生日のその日。  本来ならば喜ばしい一日をーーだが俺は喜べるわけがなく、俺の怒号が家中に響き渡っていたのは言うまでもない。 ――第一話・16歳。はじまりは突然で…。・完――

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

進学のため引っ越してきた詩。 お隣さんに住んでいたのはエロくてイケメンな宮ノ内 先輩だった。
54,039リアクション
486話 / 482,546文字 / 5,406
3/6 更新
憧れ続けていたあの人が、隣にいるなんて。 ◆声優×ゲームクリエイターの執着BL
1,636リアクション
118話 / 46,754文字 / 529
2018/11/1 更新
《夏》の美しさに想いを馳せる大学生同士の儚い恋
7話 / 16,909文字 / 0
2018/7/7 更新
「お前は俺が守ったる。だからしっかり前見て胸張りや。」
4話 / 2,631文字 / 0
2019/8/8 更新
連載中
セカンド
浮気相手になりながらも二股をかけてしまう大学生の泥沼恋愛劇
7話 / 7,596文字 / 0
2019/9/25 更新
全米が鼻血!大人の悶絶物語【誰にも屈しない、誰のものにもならない】
24話 / 50,678文字
1/2 更新