18 / 306

②水も滴るーーいい男?

 そんな俺の目の端では、見たくもない目障りなほどの真っ白な生地がチラつく。  その純白の生地を目に入れると、(いや)(おう)にも、ふんだんに取り付けられている白のレースとリボンが見えるわけで……。  気分は最悪。  それというのも今の俺は、『篠崎 亜瑠兎(しのざき あると)』ではなく、『篠崎 花音(しのざき かのん)』なのだから――……。  ちなみに俺の左側には(はかま)姿の父さんと、右側には黒の着物を着た母さんがいる。  その母さんの隣には……考えたくもない。  俺が16の誕生日に母さんから手渡されたスーツと赤い蝶ネクタイを身につけた花音が平然と座っていた。  あ~、腹立つ!!  何に腹が立つかと()かれると、母さんの隣にしれっと座っている花音にではなく、花音のワンピースが問題なく着こなせる自分が何よりも一番腹が立った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ナンバーワンホスト同士のエロティック・ラブ。 男性客を相手に枕営業を重ねる彼に恋をした……!
1,281リアクション
60話 / 112,784文字 / 517
2019/7/5 更新
離れていた幼馴染みと偶然の再会
14話 / 23,959文字 / 37
2018/3/21 更新
死にかけた子供を拾ったら、可愛くて仕方がなくなった。
627リアクション
25話 / 10,000文字 / 440
2019/5/19 更新
人間とは、愚かで脆弱な生き物だ。
1,284リアクション
59話 / 118,813文字 / 20
2019/12/6 更新
魔族の集団に捕まり性奴隷にされた神官。
12リアクション
31話 / 103,359文字 / 0
4/4 更新
おとぎ話のような溺愛王道 love story ☆スパダリ×ひたむきな美青年
5,962リアクション
109話 / 122,616文字 / 80
21時間前 更新