19 / 306

③水も滴るーーいい男?

 双子だからしょうがないとは思うけれど、それでも俺は男で花音は女だ!!  年頃の男子がワンピースを着ても違和感がないとか有り得ないだろう?  ああっ、もう。  俺はなんでこんな厄介な役割を引き受けてしまったんだろう。  ひとりダメージを受けている俺の脳裏に浮かぶのは1週間前の出来事だ。  ――誕生日のあの日。  結局俺は3人に言いくるめられ、花音と入れ替わることになってしまった。  うう、さらば俺の人権。  誕生日のあの日、当然、俺は花音になることを拒否した。  それはそれは、引き千切れるかもしれないというほどに首を横に振り続けた。  だが、父さんと母さんのある言葉で、俺の決意は揺らいだんだ。  『亜瑠兎が好きなものを何でも買ってやる』という、たったそれだけの言葉で――。  ああ、そうさ。  父さんと母さんの口車に乗せられて俺はついつい(うなず)いてしまったんだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

獣人×人間 獣人に愛された人間の話
2,235リアクション
170話 / 150,009文字
2018/6/2 更新
「可愛い…天使みたい!」鬼一族の若様は今日も金髪美少年に夢中です。
789リアクション
47話 / 79,633文字 / 419
9/15 更新
ある日、何気なく入った路地裏のカフェ。はじめは何も思わなかったカフェの店員に……
5リアクション
28話 / 14,496文字 / 20
12/3 更新
R18/学園コンテスト大賞受賞作品「カウターフィット エモーション」の番外編~その後の二人のお話~
94リアクション
7話 / 6,647文字 / 147
2018/11/14 更新
【ツンデレ毒舌医師×純情根暗患者】SとKのEscape番外編。ハロウィン。
10話 / 10,462文字 / 0
6/2 更新
101号室の魔王さんですか?どうも、206号室の勇者です。/甘々/恋の始まり