19 / 306

③水も滴るーーいい男?

 双子だからしょうがないとは思うけれど、それでも俺は男で花音は女だ!!  年頃の男子がワンピースを着ても違和感がないとか有り得ないだろう?  ああっ、もう。  俺はなんでこんな厄介な役割を引き受けてしまったんだろう。  ひとりダメージを受けている俺の脳裏に浮かぶのは1週間前の出来事だ。  ――誕生日のあの日。  結局俺は3人に言いくるめられ、花音と入れ替わることになってしまった。  うう、さらば俺の人権。  誕生日のあの日、当然、俺は花音になることを拒否した。  それはそれは、引き千切れるかもしれないというほどに首を横に振り続けた。  だが、父さんと母さんのある言葉で、俺の決意は揺らいだんだ。  『亜瑠兎が好きなものを何でも買ってやる』という、たったそれだけの言葉で――。  ああ、そうさ。  父さんと母さんの口車に乗せられて俺はついつい(うなず)いてしまったんだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

片思いしていた親友との友達ごっこをやめるつもりが、恋人ごっこに発展して……!? 本編完結。
736リアクション
37話 / 22,060文字 / 905
2018/11/5 更新
ちょっと切ない少年と大人の恋物語。
9リアクション
12話 / 22,145文字 / 8
2017/12/27 更新
俺の元に天使がやってきた
1リアクション
8話 / 7,931文字 / 0
2019/1/7 更新
アンドロイド×美青年:命を狙われる玲を手段を選ばないスパダリストーカーAIが華麗に救う!総受け・溺愛
13リアクション
2話 / 5,563文字 / 33
2018/9/16 更新
明治初期、貧しさから豪族に売られた少年の運命は…
303リアクション
12話 / 10,000文字 / 144
2019/5/22 更新
天然くんとオカン系溺愛男のおはなし
46リアクション
2話 / 2,404文字
2/9 更新